2018年1月17日水曜日

2018 PHILADELPHIA PHILLIES TOP 20 PROSPECTS

2018 PHILADELPHIA PHILLIES

TOP 20 PROSPECTS


本ランキングは各傘下の選手を現在の活躍と今後の伸びしろから総合的に判断し、作成したものである。「将来キャリアを通じてどれだけメジャーでバリューを示せるか」という点に重きを置いており、即戦力ランキングでも伸びしろランキングでもない。MLB.comやBaseball Americaといった媒体を参考にしつつ、独自の視点を加えて評価したつもりである。

1.シクスト・サンチェス(RHP)/Sixto Sanchez
◎速球 コマンド / △体格 
L.セベリーノ(ヤンキース)と共通点の多い未来のエース候補。6-0/185と投手にしては小柄ながら、滑らかなフォームから最速100マイルの速球をコマンドよく投げ込む。変化球を磨きたい。昨季はAで13先発して防御率2.41・K/BB=7.1(A+では5先発で防御率4.55と炎上)をマーク。

2.J.P.クロフォード(SS)/J.P. Crawford
◎SS守備 / ◯肩 アプローチ / △打撃
F.リンドーア(インディアンズ)のような再建の柱になり得るスター候補。身体能力を生かした華麗な遊撃守備は高評価だが、ここ2シーズンは3Aで打撃不振。それでも昨季後半戦はOPS.898とポジティブな結果が出ている。MLBデビューも果たし、23試合で打率.214も、22K/16BBとアプローチは悪くない。
3.スコット・キングリー(2B)/Scott Kingery
◯コンタクト スピード 2B守備 パワー / 
昨季フライボールレボリューションを取り入れ、長打力が開眼した「俊足巧打の二塁手」。本塁打数を16年の5本から26本に急増させ、29盗塁と持ち味のスピードも維持。2B守備も平均以上で、走攻守揃ったレギュラーとして期待。2A・3AでOPS.889。

4.アドニス・メディーナ(RHP)/Adonis Medina
◯速球 3球種 奪三振 スタミナ / 
常時92-95マイル、最速97マイルの速球は打者の近くでリリースされるため、球速以上に迫力がある。カーブ&チェンジアップも威力があり、平均から平均以上のボールに向上。昨季はAで22先発して防御率3.01・K/9=10.0・BB/9=2.9をマーク。奪三振を大きく増やした(16年はK/9=4.7)。

5.アダム・ヘイズリー(OF)/Adam Haseley
◯打撃 スピード 守備 / 
ズバ抜けたツールを持っているわけではないが、滑らかなスイングから長短打を量産するプレースタイルは、M.ブラントリー(インディアンズ)やA.ベニンテンディ(レッドソックス)を連想させる。守備もCFとして及第点レベル。

6.ホルヘ・アルファロ(C)/Jorge Alfaro
◯パワー 肩 / ✖アプローチ コンタクト 
「未来のオールスター捕手」と評されて早数年、プロスペクトを卒業できずにいる。昨季3Aで四球率4.6%・三振率32.3%の荒っぽいアプローチがネックだが、MLBでは29試合ながらOPS.874とよく打った。守備面では捕球面に課題を残すも、自己最高の守備率.997をマークするなど進歩は見られる。

7.フランクリン・キロメ(RHP)/Franklyn Kilome
◯速球 カーブ 体格 / ✖コマンド チェンジアップ
長身細身の体格から投げ込まれる最速99マイルの速球と平均以上のカーブのコンビネーションはハイポテンシャル。一方でコマンド&チェンジアップが不安定で、メディーナとは一線を引きたい。昨季はA+・2Aで24先発して防御率2.83・K/9=7.3・BB/9=3.7をマーク。

8.セランソニー・ドミンゲス(RHP)/Seranthony Dominguez
◯速球 3球種 奪三振 / △コマンド  
好調時には95-99マイルを叩き出す速球で打者を捻じ伏せるパワーピッチャー。コマンド&安定感はまだまだだが、カーブ&チェンジアップも平均以上で、ポテンシャルはローテーション2~3番手相当。昨季はA+で62.1回/75Kと三振の山を築いた。

9.ミッキー・モニアック(OF)/Mickey Moniak
◯メークアップ スピード CF守備 打撃 / △パワー 
16年ドラフト全体1位指名。走攻守のパッケージはC.イエリッチ(マーリンズ)と比較される。20ポンドの増量をして臨んだプロ2年目のシーズンはAでOPS.625と残念なパフォーマンス。プラスプラスのメークアップと野球IQでどれだけ才能を引き出せるか。

10.ジョジョ・ロメロ(LHP)/JoJo Romero
◯3球種 完成度 / 
完成度が高く、早ければ19年シーズンにはローテーション入りも狙える。91-94マイルの速球を両コーナーにコマンドし、カーブ&チェンジアップはいずれも平均から平均以上のボール。スライダーで目先を変えることもできる。昨季はA・A+で10勝3敗・防御率2.16・K/BB=3.56と文句なしの成績。

11.ロマン・クイン(OF)/Roman Quinn
◎スピード / ◯CF守備 肩 /✖パワー 耐久性
故障の多さがネックとなっている韋駄天選手。打撃はメジャーで「打率.260・5本塁打」程度だろうが、スピードは盗塁王も狙えるほど。アプローチも落ち着いており、将来像は「出塁率の高いB.ハミルトン(レッズ)」。SSからCFにコンバートされた点もハミルトンと同じで、ゴールドグラブ級の評価。

12.エネル・デロスサントス(RHP)/Enyel De Los Santos
◯速球 3球種 / △コマンド
昨年12月にF.ギャルビスとのトレードでパドレスから加入。93-95マイルの角度あるストレートはゴロを生み出し、カーブも扱いに優れている。また、チェンジアップも平均以上のボール。コマンドを磨いてローテーション3~5番手相当のポテンシャルを開花させたい。昨季は2Aで10勝・防御率3.78・K/9=8.3。

13.ディラン・カズンズ(OF)/Dylan Cozens
◯パワー 肩 / ✖コンタクト
16年にマイナー全体トップの40ホーマーを記録したパワーモンスター。昨季は3Aで打率.210・三振率35.8%とつまずいたが、27本塁打と長打力は発揮。アメフトでも活躍したフィジカルの強さで大柄な体格の割に動ける。コンタクト面の不安を拭いたいところ。

14.レンジャー・スアレス(LHP)/Ranger Suarez
◯3球種 コマンド /
90マイル前半の速球&プラスのチェンジアップ&平均のスライダーをコマンドよく投げ分ける。完成度が高く、昨季は21歳ながらAで14先発・防御率1.59・K/9=9.5と素晴らしい投球を披露した。

15.ジャイリン・オルティズ(OF)/Jhailyn Ortiz
◯パワー 肩 / ✖コンタクト 守備走塁 素材型
まだ19歳とメジャーまでの道のりは険しいが、30ホーマー相当のパワーポテンシャルを秘める大器。15年に契約金$4.0Mでフィリーズと契約した。昨季はA-で47試合に出場して打率.302・8本塁打・OPS.961をマーク。将来は一塁転向か。

16.マッケンジー・ミルズ(LHP)/McKenzie Mills
◯奪三振 3球種 / △コマンド
昨夏にH.ケンドリックとのトレードでナショナルズから加入。切れの良い90マイル前半の速球&カーブのコンビネーション。三振の取れるフライボーラー。昨季はAで12勝2敗・防御率3.01・K/9=10.1・BB/9=1.9と抜群の成績。チェンジアップも将来的には平均から平均以上のボールになり得る。

17.ニック・ファンティ(LHP)/Nick Fanti
◯奪三振 コマンド / ✖球速
昨年5月には9回二死までパーフェクト投球、7月には悲願のノーヒッター(12K/1BB)を達成。80マイル中盤のキレのある速球を両コーナーにコマンドし、決め球のカーブで仕留める。Aでは21先発して防御率2.54・K/9=9.0・BB/9=2.1。17年WBCではイタリア代表としてもプレー。

18.アルキメデス・ガンボア(SS)/Arquimedes Gamboa 
◯ファイブツール / 
身体能力に富んだファイブツールSS。昨季は19歳ながらAで打率.261・6本塁打・OPS.705をマーク。シーズン最終の25試合を打率.327で締めくくった。3年前に契約時よりも身長は2インチ、体重は20ポンド増加。守備率.953と年齢に比してSS守備も安定している。

19.カイル・ヤング(LHP)/Kyle Young
◯体格 / ✖素材型 球速
現段階での球速は最速91マイル止まりだが、6-10/205の規格外の体格からアップサイドを期待される大器晩成型。昨季はカレッジ選手が揃うA-で13先発して防御率2.77・K/9=10.0・BB/9=2.1と好投。変化球&コマンドも安定しており、長い目で見ていきたい。

20.スペンサー・ハワード(RHP)/Spencer Howard
◯速球 奪三振 / △リリーフ向き?
投球イニングが短かったこともあり、プロでは大学時代よりも球速が向上。93-95マイルの速球を武器に、A-で28.1回/40Kと三振の山を築いた。セカンドピッチはカッター&スライダーがメインなため、チェンジアップ&コマンドが改善されなければ、リリーフに回るだろう。

Plus One Prospect
ベイリー・フォルター(RHP)/Bailey Falter
◯コマンド / △チェンジアップ
昨季Aで21先発して防御率2.99・K/9=8.1・BB/9=1.8と好投。現在20歳。運動能力に富んでおり、メカニックも滑らかでコマンドの評価は平均以上。89-93マイルの速球&カーブ。チェンジアップの扱いはまだまだだが、ストライク先行で試合を作るイニングイーターになり得る。

2018年1月5日金曜日

2018 NEW YORK METS TOP 20 PROSPECTS

2018 NEW YORK METS 

TOP 20 PROSPECTS


本ランキングは各傘下の選手を現在の活躍と今後の伸びしろから総合的に判断し、作成したものである。「将来キャリアを通じてどれだけメジャーでバリューを示せるか」という点に重きを置いており、即戦力ランキングでも伸びしろランキングでもない。MLB.comやBaseball Americaといった媒体を参考にしつつ、独自の視点を加えて評価したつもりである。

1.アンドレス・ヒメネス(SS)/Andres Gimenez
◯スピード SS守備 コンタクト / △パワー 
15年に契約金$1.5Mでメッツ入りした逸材。昨季は18歳ながらAで1年プレーし、打率.265・4本塁打・OPS.695をマーク。運動能力に恵まれており、平均以上のSS守備が最大の武器。打撃はパワー不足が指摘されるも、スイング軌道に無駄がなく、平均以上の打者となり得る。
2.デビッド・ピーターソン(LHP)/David Peterson
◯3球種 コマンド 即戦力 / △故障歴
昨年のドラフト全体20位指名。最速95マイルのシンカー&スライダー&チェンジアップを抜群のコマンドから投げ分ける即戦力左腕。制球力、6-6/240のガッシリした体格、ゴロアウトの多さ、先発ローテーション3~4番手のイニングイーターとして必要な資質を全てそろえている。

3.トーマス・ザパッキー(LHP)/Thomas Szapucki
◯速球 スライダー / △チェンジアップ コマンド 耐久性 TJ手術明け
もし健康ならチームNo.1のプロスペクトになっていただろう。昨年7月にTJ手術を受けており、復帰は今季終盤になる見込み。90-96マイル、平均93マイルの速球はノビもありプラス評価。スライダーを決め球として使う。平均~平均以下のチェンジアップ&コマンドを磨けば先発ローテーション3番手相当のポテンシャル。

4.マーク・ビエントス(SS/3B)/Mark Vientos
◯打撃 肩 / △3B向き / ✖スピード 素材型
昨年のドラフト2巡目18歳。6-4/185の恵まれた体格に魅力的な打撃能力を備え、パワーとアベレージを両立した打者になり得る。スピードに欠け、体格も大柄なことから将来像はSSよりも3B向きとの評価。肩とグラブ捌きは平均以上との見立て。メジャー昇格までは少なくとも4年程度の時間がかかるだろう。

5.ピーター・アロンゾ(1B)/Peter Alonso
◯パワー / △守備走塁
20-80スケールで55~70評価のパワーツールがウリの長距離砲。マイナー通算で左投手に対してはOPS1.166と打ちまくっているが、対右投手にはOPS.772と分が悪い。昨季はA+・2Aで打率.289・18本塁打・OPS.883をマーク。鈍足で守備位置は1Bに限定される。

6.マーコス・モリーナ(RHP)/Marcos Molina
◯コマンド / △耐久性
先発ローテーション4番手級のワークホースポテンシャル。平均91マイルの沈む速球を両コーナーにコマンドし、平均以上のスライダーで仕留める。チェンジアップも平均程度まで向上。昨季はA+・2Aで17先発して防御率3.21・K/9=7.3・BB/9=2.2をマーク。1年間健康にプレーしたい。球威アップが課題。

7.ジャスティン・ダン(RHP)/Justin Dunn
◯速球 スライダー / △コマンド リリーフ向き?
不安定ながら最速98マイルの速球は力強く、スライダーも少なくとも平均以上との評価。スカウトからはY.ベンチュラ(前ロイヤルズ)と比較される。大学時代にはクローザーだったため、先発は不慣れで、昨季はA+で16先発して防御率5.00・K/9=7.1・BB/9=4.5と今一つだった。
8.デズモンド・リンジー(OF)/Desmond Lindsay
◯スピード アプローチ / ✖耐久性
ポテンシャルは傘下野手でもNo.1。故障が多く、昨季も肘の手術により後半を棒に振った。驚くべき運動能力を有しており、スピードの評価は平均以上。CFとして十分な守備範囲と肩を備えている。打撃では辛抱強いアプローチを示しており、20ホーマー級の長打力も潜める。昨季はAでOPS.715。

9.トーマス・ニード(C)/Tomas Nido
◯コンタクト 肩 / △パワー
昨季2Aで打率.232・OPS.641と不振だったが、攻守オールラウンドな捕手として注目を集める。打撃では広角に打ち分けるコンタクトヒッティングを武器としており、守備ではマイナーで2年連続盗塁阻止率40%超えをマーク。すでにMLBデビュー済みで、今季はメジャー定着が目標となる。

10.クリス・フリクセン(SS)/Chris Flexen
◯速球 / 
昨季A+・2Aで10先発して防御率1.76・K/9=9.2・BB/9=1.5とブレーク。MLBでも9先発(防御率7.88)を任された。平均92.4マイルの速球&スピンレートに富んだカーブのコンビネーション。シンカー&チェンジアップもレパートリーとして織り交ぜる。ローテーション5番手相当のポテンシャル。

11.ジョーダン・ハンフレイズ(RHP)/Jordan Humphreys
◯球種 コマンド /
昨季A・A+で13先発して10勝1敗・防御率1.79・K/9=9.3・BB/9=1.9とブレーク。巧みな配球で打者の的を絞らせない。メカニクス&コマンドも安定しており、ポテンシャルはローテーション下位相当。90-94マイルの速球とカーブ&スライダーに加え、左バッターにはチェンジアップも有効に扱う。

12.ギャビン・チェッキーニ(SS)/Gavin Cecchini
◯コンタクト ユーティリティー性 / ✖パワー エラー
兄も父も野球関係者という野球一家で生まれ育った。これといった目立ったツールはないが、走攻守のバランスが整っており、内野のバックアップとして昨季MLBでも32試合に出場。昨季は超打高の3Aで打率.267、MLBで.208と打撃不振に悩まされたが、16年には3Aリーグ3位の打率.325をマークしている。

13.アンソニー・ケイ(LHP)/Anthony Kay
◯コマンド / ✖TJ手術明け
16年ドラフト1巡目。TJ手術により昨季を全休した。健康であれば平均的な3球種をコマンドよく集めるワークホースタイプ。完成度も高く、もし万全な状態で復帰できればMLB昇格まで時間を要さないだろう。最速で94-95マイルに達する速球&平均以上のチェンジアップ&平均以下のスライダー。

14.コリー・オズワルト(RHP)/Corey Oswalt
◯体格 速球 / 
6-5/250の体格から90-95マイルの角度ある速球を投げ込み、ゴロアウトを稼ぐ。カーブ&スライダー&チェンジアップもストライク周辺に集まることができ、ローテーション下位相当のポテンシャルを備える。昨季は2Aで24先発して防御率2.28・K/9=8.0・BB/9=2.7をマークした。

15.ルイス・ギヨーム(SS)/Luis Guillorme
◎守備 / ◯コンタクト アプローチ / ✖パワー  
SS/2B/3Bどのポジションでもゴールドグラブ級の守備力を有しており、ユーティリティープレーヤーとして手堅く、もし打撃が成長すればレギュラー内野手の座を掴めそうな23歳。打撃は非力だが、打率.283・四球率12.9%・三振率9.9%とコンタクト能力は高い。

16.ハイメ・カラハン(RHP)/Jamie Callahan
◯速球 カッター / △コマンド
昨夏にA.リードとのトレードでレッドソックスから加入。制球はアバウトだが、94-96マイルの速球&カッターを投げ込む力投派リリーフ。昨季は2A・3Aで41登板して防御率2.94・K/9=11.4をマーク。MLBデビューも果たし、9登板を任された。

17.P.J.コンロン(LHP)/P.J. Conlon 
◯コマンド チェンジアップ / ✖球威
速球は80マイル後半と球威に欠けるが、コマンド&緩急で抑える技巧派。決め球のチェンジアップは平均以上で、他には平均以下だがカーブ&スライダーも織り交ぜる。16年にはA・A+で防御率1.65・K/BB=4.67と圧倒的だったが、昨季は2Aで防御率3.51・K/BB=2.84。球威不足からMLBレベルの打者に通用するか不安視されている。

18.ジェーコブ・ラメ(RHP)/Jacob Rhame
◯3球種 投球術 / 
昨夏にC.グランダーソンとのトレードでドジャースから加入。最速100マイルを投げ込む剛腕リリーフ。一方で決め球を持っておらず、スライダー&チェンジアップはいずれも平均以下の評価。また、フライボーラーである点も不安材料の一つ。昨季は超打高の3Aで防御率4.00・K/BB=6.6をマーク。MLBでも9登板。

19.ナビル・クリスマット(RHP)/Nabil Crismatt
◯3球種 コマンド / 
マイナー通算K/BB=4.43と隠れた逸材。最速93マイルの速球&スライダー&チェンジアップをバランスよく織り交ぜる。中でもベストピッチのチェンジアップは平均以上のボール。昨季はA+で25先発して防御率3.95・K/9=8.8・B/9=2.2をマーク。

20.フアン・ウリアーテ(C)/Juan Uriarte
◯コンタクト 肩 /✖パワー 素材型
メキシコ出身。打撃はパワーレスだがフィールド全体を扱うことができ、選球眼も良い。昨季はRで打率.305・5本塁打・OPS.827とそれまで自身最高の成績。守備ではブロッキング&フレーミングいずれも安定しており、肩も盗塁阻止率33%と平均以上。平均以上のディフェンダーになり得る。

Plus One Prospect
ホアン・ウレーニャ(3B/1B)/Jhoan Urena
◯アプローチ 肩 パワー / ✖スピード エラー 3B守備
辛抱強いアプローチで昨季2A・3Aで四球率11.2%と高数値を記録。パワーポテンシャルも秘めており、34二塁打・14本塁打ときっかけ一つで大化けする可能性がある。3B守備では肩こそ強いが、通算守備率.891と悲惨な状態。1B/LFでの経験も積んだ。

2018年1月3日水曜日

2018 MIAMI MARLINS TOP 20 PROSPECTS

2018 MIAMI MARLINS 

TOP 20 PROSPECTS


本ランキングは各傘下の選手を現在の活躍と今後の伸びしろから総合的に判断し、作成したものである。「将来キャリアを通じてどれだけメジャーでバリューを示せるか」という点に重きを置いており、即戦力ランキングでも伸びしろランキングでもない。MLB.comやBaseball Americaといった媒体を参考にしつつ、独自の視点を加えて評価したつもりである。

1.サンディ・アルカンタラ(RHP)/Sandy Alcantara
◎球速 / △変化球 コマンド 
今オフ、M.オズーナとのトレードでカージナルスから移籍。同じくカージナルス傘下出身のA.レイエスと比較されている。荒削りながら軽々と90マイル後半を叩き出し、最速は102マイル。変化球&コマンドの安定感を磨いていきたい。昨季はMLBでも8登板。

2.ホルヘ・グズマン(RHP)/Jorge Guzman
◎球速 / △コマンド チェンジアップ 
今オフ、G.スタントンとのトレードでヤンキースから移籍。荒削りだが最速103マイルの剛腕。コマンド&チェンジアップは発展途上だが、昨季A-で13先発して防御率2.30・K/9=11.9・BB/9=2.4と飛躍をとげている。先発に残れる資質を示しており、リリーフに回るならクローザー級のポテンシャルがある。

3.トレバー・ロジャース(LHP)/Trevor Rogers
◯速球 コマンド 球種 体格 / △素材型 
昨年のドラフト1巡目(全体13位)高校生。6-6/185と体格に恵まれており、長いリーチから放たれる最速95マイルの速球は強烈。コマンドも非常に優れている。スライダー&カーブ&チェンジアップを投げるが、どれもインパクトに欠ける。しかし、精度を磨いていけば、4球種を扱えコマンドに優れる本格派左腕に。
4.マグニュリス・シエラ(OF)/Magneuris Sierra
◯スピード CF守備 肩 / ✖パワー 
オズーナのトレードで加入。パワーはないが、俊足を生かした攻守が光る理想の「1番センター」。昨季は21歳ながらA+・2Aで打率.270・1本塁打・20盗塁。CF守備は守備範囲だけでなく、スローイング能力も素晴らしい。MLBでは31試合で打率.317。将来像はジャロッド・ダイソン(前マリナーズ)か。


5.ニック・ニーダート(RHP)/Nick Neidert
◯コマンド 速球 チェンジアップ ストライク先行 / 
今オフ、D.ゴードンとのトレードでマリナーズから加入。速球は90マイル前半と支配的ではないが、ストライクを積極的に攻めるコマンドと度胸を備えており、スカウトからはT.ハドソン(元ジャイアンツ)と比較される。A+・2Aでは25先発して防御率3.45・K/BB=5.55をマーク。

6.メランディ・ゴンザレス(RHP)/Merandy Gonzalez
◯速球 カーブ ストライク先行 / △コマンド チェンジアップ
昨夏A.J.ラモスとのトレードでメッツから加入。常時93-95マイル、最速97マイルの速球と平均以上のカーブが武器。昨季はA・A+で20先発して13勝3敗・防御率1.66・K/9=7.1・BB/9=1.8をマーク。コマンド&チェンジアップは発展途上。

7.ディロン・ピータース(LHP)/Dillon Peters
◯速球 3球種 コマンド / △体格
5-9/195と小柄ながら90マイル中盤の沈む速球&カーブのコンビネーションはパワフルで、チェンジアップも扱うことができる。マイナー通算BB/9=1.9とコマンドも平均以上で、ポテンシャルはローテーション3~4番手相当。昨季はマイナー13先発で防御率1.57、MLBでも6先発を任された。

8.ザック・ギャレン(RHP)/Zac Gallen
◯3球種 コマンド / 
オズーナのトレードでアルカンタラと共に加入。完成度の高い即戦力タイプ。90マイル前半の速球&カッター&チェンジアップを抜群のコマンドから投げ分ける。昨季はA+・2A・3Aで26先発し防御率2.93・K/9=7.4・BB/9=2.1をマーク。

9.ブライアン・アンダーソン(3B)/Brian Anderson
◯打撃 パワー 3B守備 肩 / 
広角に打ち分ける中距離ヒッティングが武器で、パワーも20本塁打相当と高評価。昨季は2A・3Aで打率.275・22本塁打・OPS.853とよく打った。守備では強肩を備え、守備範囲も広いため、平均以上の3Bディフェンダーとなれる。MLBでも25試合に出場しており、今季はメジャー定着が目標となる。
10.ブライアン・ミラー(OF)/Brian Miller
◯スピード コンタクト CF守備 / ✖パワー 肩
昨年のドラフト全体36位指名。俊足巧打が武器のCFで、Aでは57試合に出場し、打率.322・1本塁打・21盗塁・OPS.800と順調なプロデビュー。35K/23BBとアプローチもよく、出塁能力にも長ける。パワーは平均以下だが、ツボにはまれば一発もある。俊足を生かした外野守備はプロでもCFに残れるとの見立て。

11.ブラクストン・ギャレット(LHP)/Braxton Garrett
◯カーブ コマンド 3球種 運動能力 / △TJ明け?
16年ドラフト全体7位左腕も、TJ手術により今季の半休が確定している。滑らかな投球フォームからキレのある90マイル前後の速球&カーブのコンビネーション。コマンド&チェンジアップも平均以上で、ポテンシャルはローテーション2~3番手相当。

12.エドワード・カブレラ(RHP)/Edward Cabrera
◯速球 / △素材型 
昨季急成長を遂げた19歳。16年に最速94マイルだった速球は101マイルまで上昇。常時94-96マイルを計測し、スライダーもプラスピッチ。現在はチェンジアップの向上に取り組んでいる。コマンドも平均以上のポテンシャルを秘めており、エース級の逸材だ。A-では35.2回を投げ、防御率5.30・K/BB=4.00。

13.ジェームズ・ネルソン(3B)/James Nelson
◯打撃 肩 / ✖エラー
兄クリスはMLBで5シーズンプレーの元メジャーリーガー。走攻守にスケールが大きく、レギュラー3B相当のポテンシャルを秘めている。打撃では素早いスイングから広角にライナーを弾き返す。Aでは打率.309・7本塁打・OPS.810。3B守備では肩&守備範囲に優れるが、昨季守備率.907と失策が目立つ。

14.ケイレブ・スミス(LHP)/Caleb Smith
◯速球 チェンジアップ 奪三振 / 
90マイル中盤の速球&チェンジアップで打者を惑わすフライボーラー。昨季は2A・3Aで17先発して防御率2.41・K/9=9.1・BB/9=2.8をマーク。MLBでも9試合に登板した。スライダー&カーブは平均以下。ポテンシャルはローテーション5番手か左のワンポイント。

15.ジョー・ドゥナンド(SS)/Joe Dunand
◯パワー 肩 / △3B向き? / ✖スピード コンタクト  
メジャー通算696発の大スター、A.ロドリゲスの甥。強肩強打を備えた大型遊撃手。素晴らしいパワーを持っているが、荒削りなアプローチからプロへの対応を不安視されている。守備面でもスピードと守備範囲に欠け、体格も大柄なことから、三塁転向が濃厚だろう。 

16.クリストファー・トーレス(SS)/Christopher Torres
◯SS守備 肩 スピード / △パワー 素材型
ゴードンのトレードでニーダートと共に加入。スピード&強肩を兼ね備えたSS守備は平均以上で、メジャーでもレギュラーSSを張れるだけの素質を潜めている。打撃は定評のあったコンタクトが不調だったが、代わりに長打が増え、A-で打率.238・6本塁打・OPS.759をマーク。メークアップも高評価。

17.ブライアン・ヘルナンデス(OF)/Brayan Hernandez
◯スピード CF守備 肩 / △パワー 素材型
昨夏にD.フェルプスとのトレードでマリナーズから加入。14年に契約金$1.85Mでプロ入りしたドミニカ出身の大器。ファイブツールを秘めているが、現段階では打撃のポテンシャルを披露できていない。昨季はA-を中心にプレーしOPS.714。スピード&CF守備はすでに平均以上の評価。20歳。

18.エリエサー・ヘルナンデス(RHP)/Elieser Hernandez
◯投球術 コマンド / △フライボーラー
ルール5ドラフトで新加入。球威よりも完成度の面で高い評価を受ける。22歳。昨季はR・A+で13先発して防御率3.68・K/9=10.8・BB/9=2.7をマークした。フライボーラーながらマイナー通算K/BB=3.43とコマンドは優秀。先発ローテーション争いに加わる。 

19.トレバー・リチャーズ(RHP)/Trevor Richards
◯球種 コマンド / △球威
ドラフト外で16年7月に入団。昨季はA+・2Aで25先発して防御率2.53・K/9=9.7・BB/9=1.8をマークし、A+のオールスターゲームにも選ばれた。これといって武器になるボールはないが、緩急と制球で打者に的を絞らせない。ローテーション5番手かロングリリーフ相当のポテンシャル。

20.パブロ・ロペス(RHP)/Pablo Lopez
◯ストライク先行 コマンド / △球威
フェルプスのトレードでヘルナンデスと共に加入。積極的なストライクスロワーで、マイナー通算BB/9=1.2を誇る。90マイル前後の速球、カーブ、チェンジアップいずれも平均的だが、緩急と制球で勝負。昨季はA+で24先発して防御率4.15・K/9=7.5・BB/9=1.2をマーク。2A以上で結果が欲しい。

21.ライアン・リリー(RHP)/Ryan Lillie 
◯速球 / △先発経験
昨年のドラフト5巡目。大学1年時まで捕手と投手の二刀流だった。先発経験は浅いが、91-94マイルの速球を試合終盤まで維持でき、カーブ&チェンジアップも平均から平均以上の評価を得ている。昨季はマイナーで35.2回を投げ、防御率3.79・K/9=8.6・BB/9=1.5と好成績。

Plus One Prospect
テイラー・ブレーリー(RHP)/Taylor Braley
◯チェンジアップ / 
昨年のドラフト6巡目。決め球のチェンジアップは20-80スケールで65~70評価とも評される絶品。R・A-では20.1回を投げ、防御率2.66・K/9=9.7・BB/9=2.2と好投した。大学時代は二刀流プレーヤーとしても活躍していた。

2018年1月2日火曜日

2018 ATLANTA BRAVES TOP 20 PROSPECTS

2018 ATLANTA BRAVES 

TOP 20 PROSPECTS


本ランキングは各傘下の選手を現在の活躍と今後の伸びしろから総合的に判断し、作成したものである。「将来キャリアを通じてどれだけメジャーでバリューを示せるか」という点に重きを置いており、即戦力ランキングでも伸びしろランキングでもない。MLB.comやBaseball Americaといった媒体を参考にしつつ、独自の視点を加えて評価したつもりである。

1.ロナルド・アクーニャ(OF)/Ronald Acuna
◯ファイブツール スピード CF守備 メークアップ / 
昨年『ベースボールアメリカ』他、各紙媒体でマイナーリーグのMVPにあたる賞を受賞したファイブツールプロスペクト。20歳。A+・2A・3Aで打率.325・21本塁打・44盗塁・OPS.896と素晴らしい内容。守備もCFとして申し分ない。オールスタープレーヤーになり得る。


2.ルイズ・ゴハラ(LHP)/Luiz Gohara
◎球速 / ◯奪三振 / △コマンド チェンジアップ
最速100マイルを誇るブラジル出身左腕。昨年9月にメジャーデビューを飾り、日系ブラジル人初のメジャーリーガーとなった。コマンド&チェンジアップの精度はまだまだだが、ローテーション1~2番手相当のポテンシャルを秘める。A+・2A・3Aで25先発して防御率2.62・K/9=10.7・BB/9=3.2をマーク。MLBでは5先発。

3.マイク・ソローカ(RHP)/Mike Soroka
◯速球 コマンド 3球種 運動能力 メークアップ / 
純粋な球威ではゴハラやライトに劣るが、コマンド&投球術を武器に、19歳ながら2Aで防御率2.75・K/9=7.3・BB/9=2.0と好投。メークアップ&運動能力の評判も良く、さらなる成長が見込まれる。90-93マイルの速球&スライダー&チェンジアップのコンビネーション。

4.カイル・ライト(RHP)/Mike Wright
◯体格 速球 4球種 体格 / 
昨年のドラフト全体5位指名。最速98マイルの速球&スライダーを主体に打者を圧倒する。カーブ&チェンジアップも上質で、4球種いずれも平均以上というエースポテンシャル。細かいコマンドを磨いていきたい。同じくバンダービルド大学出身のウォーカー・ビューラー(ドジャース)と重なるものがある。

5.オースティン・ライリー(3B)/Austin Riley
◯パワー 肩 3B守備 / △アプローチ スピード
アトランタの4番サードは彼で間違いなし。コンタクト面を不安視されていたが、2AでもOPS.900と見事適応。スイング改善に成功し、パワー&コンタクトがさらに向上した。AFLでもOPS1.021と打ちまくり、マイナー上位への準備は万全。3B守備でも向上著しく、平均以上との評価。

6.コルビー・アラード(LHP)/Kolby Allard
◯3球種 コマンド / △体格 球速低下
やや評価を落とした一年。球速低下が指摘され、ポテンシャルはローテーション4~5番手と評価するスカウトも。それでも19歳にして2Aで1年間投げ切り、防御率3.18・K/9=7.7・BB/9=2.7を納めた点は立派。90マイル前後の速球を主体に、平均以上のカーブ&チェンジアップを抜群のコマンドから投げ込む。

7.イアン・アンダーソン(RHP)/Ian Anderson
◯体格 速球 3球種 運動能力 / △コマンド
16年ドラフト全体3位指名。6-3の長身から最速98マイルの速球&平均以上の縦カーブ&昨季マスターしたチェンジアップを投げ下ろす。Aで20先発して防御率3.14・K/9=11.0・BB/9=4.7。コマンド&安定感を磨くことができれば、ポテンシャルはローテーション2~3番手相当。

8.ジョーイ・ウェンツ(LHP)/Joey Wentz
◯球種 奪三振 3球種 体格 運動能力 伸びしろ / 
才能の塊。6-5/210の恵まれた体格に、高校時代には打者としても鳴らした恵まれた運動能力を備える。92-94マイルの速球&カーブ&チェンジアップはいずれも平均以上。Aでは26先発して防御率2.60・K/9=10.4・BB/9=3.1をマーク。メークアップの評価も高く、可能性は無限大。

9.ブライス・ウィルソン(RHP)/Bryse Wilson
◯速球 運動能力 / △チェンジアップ リリーフ向き?
高校ではフットボールでも鳴らしたアスリートタイプ。昨季はAで26先発して、防御率2.50・K/9=9.1・BB/9=2.4をマーク。最速96マイルの速球&スライダー主体の投球からリリーフ向きとの見方も存在するが、チェンジアップもプロ入り後、第3球種として精度を増している。

10.マックス・フリード(LHP)/Max Fried
◯速球 カーブ 奪三振 / ✖コマンド
パドレスからドラフト時はC.カーショウ(ドジャース)と比べられた逸材。まだまだ荒削りだが最速97マイルの速球&平均以上のカーブのコンビネーションはエース級。昨季は2Aで防御率5.54も、MLBで9登板。オフに参加したAFLでは、6先発で防御率2.13・K/9=11.8・BB/9=2.8。マイナー通算BB/9=4.2。

11.トゥキ・トゥサント(RHP)/Touki Toussaint
◯球威 奪三振 速球 カーブ / ✖コマンド
荒削りだがロマン溢れる剛腕。最速98マイルの速球&落差抜群のカーブのコンビネーションは支配的だが、マイナー通算BB/9=4.6と制球難が致命的。昨季A+・2Aで145回/167Kをマークした球威は魅力だが、このままだとリリーフ転向は時間の問題だろう。

12.カイル・マラー(RHP)/Kyle Muller
◯体格 伸びしろ 速球 / △変化球 
高校では二刀流としても活躍。6-6/225の体格に素晴らしいポテンシャルを潜めており、ドラフト2巡目ながら契約金$2.5Mでブレーブス入りを決めた。最速95マイルの速球はズッシリと沈む。カーブ&チェンジアップは発展途上ながら平均以上になり得る。昨季はAで11先発して防御率4.15・K/9=9.3・BB/9=3.4をマークした。

13.ドリュー・ウォーターズ(OF)/Drew Waters
◯スピード 肩 パワー / ✖コンタクト 素材型
昨年のドラフト全体41位。ファイブツールポテンシャルを秘めており、14位のパチェよりも打撃のポテンシャルで勝る。一方、Rで50試合/70Kと空振りが目立ち、適応まで時間がかかりそうだ。スピード&肩のツールは素晴らしく、CFとして申し分ないだろう。

14.クリスチャン・パチェ(OF)/Cristian Pache
◯スピード CF守備 肩 コンタクト / ✖パワー  
傘下No.1プロスペクトであるアクーニャに続きたいドミニカ出身のファイブツールプロスペクト。昨季は18歳ながらAで打率.281・32盗塁をマーク。プロ通算176試合で0本塁打ながらパワーはある程度まで向上が見込まれている。CF守備はマイナー屈指で、未来のゴールドグラバーと評されるほど。

15.ウィリアム・コントレラス(C)/William Contreras
◯打撃 運動能力 / △C守備 
ウィルソン・コントレラス(カブス)の弟。20歳。守備面を磨く必要があるが、抜群の運動能力から攻守揃った兄のような捕手になり得る。昨季はRで45試合に出場し、打率.290・4本塁打・OPS.810をマーク。30K/24BBと見極めもしっかりしており、今季の本格ブレークに期待。

16.タッカー・デビッドソン(LHP)/Tucker Davidson
◯速球 / △コマンド チェンジアップ リリーフ向き?
16年ドラフト19巡目が一躍注目を浴びた。昨季はリリーフで開幕も、シーズン中盤には先発ローテーション入り。Aで計103.2回を投げ、防御率2.60・K/9=8.8・BB/9=2.6とブレーク。92-95マイルの速球&カーブを主体にゴロ&空振りの山を築く。コマンド&チェンジアップを磨きたい。

17.A.J.ミンター(LHP)/A.J. Minter
◯速球 奪三振 クローザー向き / 
通算432セーブを挙げたB.ワグナーを連想させる左の剛腕リリーバー。マイナー通算59イニングで早期のメジャー昇格を果たすと、16登板で防御率3.00・K/9=15.6・BB/9=1.2と好投。94-97マイルの速球&90マイル前半のスライダーの2球種を度胸満点に投げ込む。

18.パトリック・ウェイゲル(RHP)/Patrick Weigel
◯球種 投球術 / △球威 TJ手術
6-6/240の恵まれた体格から常時92-95マイル、コンスタントに98マイルを叩き出す馬力が魅力。コマンドはアバウトだが、カーブ&スライダー&チェンジアップも平均レベルで、4球種を扱うことができる。すでに3Aまで到達しており、2A・3Aでは防御率4.14。TJ手術により、今季終盤の復帰予定。

19.トラビス・デメリ(2B/3B)/Travis Demeritte
◯パワー 肩 / ✖コンタクト
コンタクトは脆いが、豪快なスイングから生み出されるパワーは二塁手の中では傑出している。16年はマイナーでOPS.915とブレークも、昨季は2Aで打率.231・15本塁打・OPS.708とつまずいた。強肩を生かした守備は2Bでも3Bでも平均以上。

20.アレックス・ジャクソン(C/OF)/Alex Jackson
◯パワー 肩 / ✖アプローチ 捕手守備
14年ドラフト全体6位。ドラフトされたマリナーズでは開花せずも、ブレーブスに移籍してきた昨季は、A+・2Aで打率.267・19本塁打・OPS.808とブレーク。96試合/106K/23BBとアプローチは荒っぽいが、豪快なパワーが魅力。守備でも移籍を機に、高校時代に守っていた捕手へ再コンバート。長い目で見ていきたい。

Plus One Prospect
ドリュー・ラッグバウアー(1B/C)/Drew Lugbauer
◯パワー / 
昨年のドラフト11巡指名ながら、R・A-で60試合に出場して打率.261・13本塁打・OPS.865と自慢のパワーを発揮。60試合/68Kのコンタクトを磨いていきたい。マイナーではC/1B/3Bと様々なポジションを経験した。

2017年6月11日日曜日

2017 MLB MOCK DRAFT

2017 MLB MOCK DRAFT


2017年ドラフトのモック(指名予想)になります。すでにアップ済みのトップ70と比較してもらえればと思います。純粋なプロスペクトの評価による順位ではなく、各球団の傾向等も含め、当日の指名を予想することに重きを置いています。

1.ミネソタ・ツインズ

ブレンダン・マッケイ(LHP/1B)/Brendan McKay:ルイビル大学

◯コマンド 打撃 カーブ / ✖スピード
打者としてはエイドリアン・ゴンザレス(ドジャース)、投手としてはクリフ・リー(元フィリーズ)と比較される二刀流。打撃では確実性とパワーを兼ね備えており、滑らかなスイングから広角打法を披露している。投球では89-93マイルの速球をコマンドよく投げ込み、平均以上のカーブで仕留めるスタイル。チェンジアップの精度を磨いている段階だが、投手に専念することで改善できるだろうとの見立て。
将来像:エイドリアン・ゴンザレス(ドジャース)/ クリフ・リー(元フィリーズ)

2.シンシナティ・レッズ
ハンター・グリーン(RHP/SS)/Hunter Greene:ノートルダム高校
◎球速 / ◯運動能力 パワー メークアップ 学業 /
あるア・リーグスカウトが「投打のポテンシャルは大谷翔平(NPB・日ハム)以上」と評する二刀流プレーヤー。投手としては17歳にして最速102マイルを計測しており、力みの抜けたフォームから軽々と90マイル後半を叩き出す。コマンド&運動能力に加えて、メークアップ面も非常に高く買われており、可能性は無限大。高校生を対象とした試験で上位3%に入るスコアを叩き出すなど学業面も優秀。
将来像:大谷翔平(NPB・日ハム)

3.サンディエゴ・パドレス
マッケンジー・ゴア(LHP)/MacKenzie Gore:ホワイトビル高校
◯速球 変化球 コマンド / △投球フォーム
球威、変化球、コマンドの3点を取り揃えた希少な高校生左腕。187cm/81㎏と線は細いが、最速96マイルの速球に、いずれも平均以上のカーブ&スライダー&チェンジアップを織り交ぜることができる。足を大きく上げるフォームだが、恵まれた運動能力のおかげでバランスを保つことができており、高校生としては非常に安定したコマンドを示している。フォームのエクステンションにも富んでおり、球速表示以上に速球は力強い。
将来像:デビッド・プライス(レッドソックス)
 
4.タンパベイ・レイズ
カイル・ライト(RHP)/Kyle Wright:バンダービルト大学
◯速球 変化球 スタミナ 体格 /
デビッド・プライス(レッドソックス)などここ10年で7名のドラフト1巡目投手を輩出しているバンダービルト大学の出身。最速97マイル、常時92-95マイルの速球を主体に平均以上のスライダー&パワーカーブで力強く押す本格派。このほかに、80マイル後半のスプリットも織り交ぜることができる。打者を圧倒できる球威の持ち主であり、細かいコマンドを磨くことができればエースポテンシャル。
将来像:カルロス・カラスコ(インディアンズ)

5.アトランタ・ブレーブス
ロイス・ルイス(SS/OF)/Royce Lewis :ジェイセラ・カトリック高校
◎スピード メークアップ / ◯運動能力 パワー アプローチ / 
20-80スケールで70評価のズバ抜けたスピードと非常に洗練されたメークアップを兼ね備える。現段階では打撃技術はまだ発展途上で長打を量産するタイプではないが、平均以上のバットスピードとパワーポテンシャルを秘めており、数年後にはトレイ・ターナー(ナショナルズ)のようにパワー面が開花するかもしれない。スイングが遠回りする癖を改善する必要がある。
将来像:トレイ・ターナー(ナショナルズ)

6.オークランド・アスレチックス
オースティン・ベック(OF)/Austin Beck:ノース・デビッドソン高校
◯パワー スピード 肩 / △両翼向き? 素材型 / ✖アプローチ
17年ドラフト候補では、有数のファイブツール高校生。傑出したパワー&スピード&強肩を有しており、特に逆方向に軽々と叩き込むパワーは、長距離砲不足の今ドラフトでは非常に希少だ。守備ではセンターを守るのに十分なツールを有しているが、打球判断やルート取りにやや難があり、特訓が必要だろう。小さな田舎の出身で上のレベルへの対応力が不安視されているが、負けん気が強く、戦うための準備は整っている。
将来像:ドリュー・スタッブス(レンジャース)
 
7.アリゾナ・ダイアモンドバックス
アダム・ヘイズリー(OF)/Adam Haseley:バージニア大
◯打撃 アプローチ 投球 / △両翼向き?
大学入学後は投手としての方が高く評価されていたが、今季は打者として打率.400・14本塁打・OPS1.186(5月20日現在)と一皮むけて評価が逆転。19三振/40四球と卓越したコンタクト技術とアプローチが光る。今年に入り本塁打が急増している点も含め、アンドリュー・ベニンテンディ(レッドソックス)と共通点が多い。スピードは平均以上も将来的には両翼向きとの見立て。
将来像:アンドリュー・ベニンテンディ(レッドソックス)

8.フィラデルフィア・フィリーズ
J.B.バカウスカス(RHP)/J.B. Bukauskas:ノースカロライナ州立大学
◯速球 スライダー / △体格
20-80スケールでいずれも70評価を受けるストレート&スライダーのコンビネーションで打者を圧倒できる球威が魅力。特にスライダーはストレートよりもコマンドに優れ、86^
-88マイルの範囲で鋭く曲がる。ストレートは常時92-94マイルで安定しているが、ここぞという場面では最速97マイルに達する。チェンジアップも向上中で、少なくとも平均レベルとの見立て。183cm/88㎏と投手としてはやや小柄。
将来像:ソニー・グレイ(アスレチックス)
 
9.ミルウォーキー・ブルワーズ
ジョー・アデル(OF)/Jordon Adell:バラード高校
◎ファイブツール / △コンタクト
今ドラフトNo.1のファイブツールプレーヤー。木製バットで飛距離450フィート(137m)を記録したパワー、投手として97マイルを計測した肩、60ヤードを6.4秒で駆け抜けるスピードどれをとっても高校生の中では桁違い。不安視されていたコンタクト面も、スイングが改善されたおかげで劇的に改善されている。今季は94打席で24本塁打・OPS2.019・9三振・32四球と圧倒的な成績。
将来像:アダム・ジョーンズ(オリオールズ)
 
10.ロサンゼルス・エンゼルス
アレックス・ファエド(RHP)/Alex Faedo:フロリダ大学
◯スライダー 体格 3球種 / △コンディション 球速低下
昨年は2年生ながらA.J.パク(現アスレチックス)を差し置いてエースの重責を背負った。13勝3敗・防御率3.18と素晴らしい投球を披露し、夏にはBAの大学プロスペクトランキングで1位にランクイン。しかし、昨年秋に両ひざの手術を行い、まだ昨夏の水準までは回復できていない。92-94マイルだった球速は88-92マイルに低下。それでも平均以上のスライダー、ソツなく扱えるチェンジアップ、195cm/102㎏の体格などスペックは先発投手として理想的。
将来像:マックス・シャーザー(ナショナルズ)

11.シカゴ・ホワイトソックス
シェーン・バズ(RHP)/Shane Baz:コンコルディア・ルターン高校
◯速球 変化球 5球種 運動能力 /
最速98マイルのストレート&80マイル後半のカッターを主体に三振の山を築く本格派。80マイル中盤のスライダー&縦カーブは安定感を高める必要があるものの、将来的には平均以上との見立てで、チェンジアップの精度もまずまず。また、抜群の運動能力のおかげでフォームの再現性も高い。体格とスケールではワンランク落ちるものの、器用さを加えたノア・シンダーガード(メッツ)になれる。
将来像:器用さを加えたノア・シンダーガード(メッツ)

12.ピッツバーグ・パイレーツ
ジェレン・ケンドール(OF)/Jeren Kendall:バンダービルト大学
◎スピード / ◯肩 CF守備 / △プルヒッター / ✖アプローチ コンタクト
20-80スケールで80評価のスピード、強肩かつ正確なスローイング、センターとして申し分ない守備能力、荒削りながら平均以上のバットスピードからファイブツールプレーヤーになり得る大器。しかし、下半身が扱えておらず割れができていないため、55試合/65三振とコンタクト&アプローチ面が脆い。高レベルの投手への対応に不安を抱えており、指名には勇気がいるだろう。父ジェレミーは元フィリーズ傘下。
将来像:ジャコビー・エルズベリー(ヤンキース)
 
13.マイアミ・マーリンズ
D.L.ホール(LHP)/D.L. Hall:バルドスタ高校
◯速球 カーブ / △コマンド
最速96マイルの速球と大きく割れるカーブのコンビネーションが光る高校生左腕。速球、カーブいずれも20-80スケールで60相当の評価を得ている。第3球種のチェンジアップはストライクに決まった時は平均以上のボールとなっているが、まだ高校生ということもあり、未完成。コマンドにもばらつきがあるが、運動能力の高さから改善されるだろうとの見立て。荒っぽさは懸念材料だが、ポテンシャルの高さは大きな魅力。
将来像:スコット・カズミアー(ドジャース)

14.カンザスシティ・ロイヤルズ
サム・カールソン(RHP)/Sam Carlson:バーンズビル高校
◯速球 チェンジアップ コマンド 体格 /
今年に入り、球威・安定感いずれもワンランク上昇し、評価もうなぎ上り中の右腕。高校生ながらチェンジアップの精度に自信を持っており、93-97マイルの速球とのコンビネーションで打者をきりきり舞いにさせている。スライダーはやや安定感に欠けるが、素晴らしいスピン量を誇る。リリースの見にくい投球フォームと平均以上の制球力を両立しており、1巡指名は堅いとの見立て。野手としても注目を集める。
将来像:ダニー・サラザー(インディアンズ)

15.ヒューストン・アストロズ
パビン・スミス(1B)/Pavin Smith:バージニア大学
◯打撃 アプローチ 1B守備 / ✖スピード
ルイビル大学やノースカロライナ州立大学など強豪がひしめくACCで打率.348・12本塁打・8三振/35四球(5月20日現在)と素晴らしい打撃成績を残している左の好打者。卓越したコンタクト技術と広角打法に加えて、平均以上のパワーポテンシャルも秘めている。走者としては平均以下だが、187cm/95㎏という大柄な体格に比して軽快に動くことができ、一塁守備は平均から平均以上との評価。
将来像:カイル・シュワ―バー(カブス)

16.ニューヨーク・ヤンキース
ニック・プラット(1B)/Nick Pratto:ハンティントン・ビーチ高校
◯打撃 アプローチ 1B守備 投球 /
15年のU-18杯では決勝の日本戦に先発した経歴を持つ。まだ高校生で、これからの選手ではるが、打撃での構えやスイング、傑出した選球眼で辛抱強く見極めていく打撃スタイルからジョーイ・ボットー(レッズ)と比較されている。パワー面での成長も著しく、逆方向に400フィート超えの打球も打てるようになってきた。外野を守れるだけの守備力を備えているが、一塁に専念すればゴールドグラブも狙えるレベル。
将来像:ジョーイ・ボットー(レッズ)

17.シアトル・マリナーズ
デビッド・ピーターソン(LHP)/David Peterson:オレゴン大学
◯体格 3球種 コマンド /
大きく沈むツーシーム、平均をやや上回るスライダー、平均以上のチェンジアップの3球種をバランス良く操る先発左腕。今季に入り球速、コマンドいずれも向上を遂げ、K/BBが2.03から9.33に上昇するなど支配力が向上している。198cm/108㎏と体格もガッシリしており、伸びしろは小さいが即戦力。常時91マイル、最速94マイルの球速は、エース候補としてはやや物足りないか。
将来像:ドリュー・ポメランツ(レッドソックス)

18.デトロイト・タイガース
ネイト・ピアーソン(RHP)/Nate Pearson:セントラル・フロリダ大学
◎速球 / ◯体格 /
今年5月末のブルペンセッションでは101マイルを計測した剛腕。198cm/108㎏の大柄な体格からムーブメントの利いた威力抜群の速球を投げ込む。チェンジアップは打者の手元で鋭く落ち、制球にはばらつきがあるが、平均以上のボールになり得る。他には、やや変化は緩いがカーブ&スライダーも投げることができる。一部ではリリーフ向きとの見方が強いが、先発として脈アリと見る球団なら1巡目指名は十分あり得る。
将来像:カール・パバーノ(元ツインズ他)

19.サンフランシスコ・ジャイアンツ
ジェーク・バーガー(3B)/Jake Burger:ミズーリ州立大学
◯パワー / △3B守備
今ドラフトでは希少なパワーヒッター。ぎこちないスイングから快音を響かせる姿はハンター・ペンス(ジャイアンツ)と比較されている。打率.341・32三振・41四球とコンタクト面も安定しており、適応力の高さもうかがえる。三塁の守備では正確かつ力強いスローイングとまずまずのフットワークを有しているが、一歩目の反応に難があり、三塁に残れるかが将来の価値を左右することになるだろう。
将来像:トッド・フレイザー(ホワイトソックス)

20.ニューヨーク・メッツ
トレバー・ロジャース(LHP)/Trevor Rogers:カールスバッド高校
◯体格 速球 /
198cm/83㎏の伸びしろ溢れる体格から最速95マイルの速球を投げ込む素材型。高校生ながら19歳と年齢は食っているが、高いアップサイド評を得ている。球速は常時88-92マイルとそれほどではないが、安定したコマンドと長いリーチによって打ちにくさを生み出している。持ち球であるスライダーとチェンジアップはいずれも向上の余地を残している。比較的フォームの力みは少なく、先発投手としての素質は十分。
将来像:クリス・セール(レッドソックス)

21.ボルティモア・オリオールズ
ローガン・ワーモス(SS)/Logan Warmoth:ノース・カロライナ大学
◯コンタクト / △2B向き? ツール
目立ったツールはないが、攻守の完成度は今ドラフトNo.1。傑出はしないないが、遊撃に残れる守備力を有しており、コースに逆らわず広角に打ち分ける打撃力もレギュラー選手として及第点レベル。今春に長打力が開眼しており、パワーも二桁本塁打程度まで伸びるだろうとの見立て。平均レベルの守備範囲と肩の強さから二塁手向きとも。選手としてのプロフィールは15年ドラフト全体1位のダンズビー・スワンソン(ブレーブス)と合致。
将来像:ダンズビー・スワンソン(ブレーブス)

22.トロント・ブルージェイズ
タナー・ハウク(RHP)/Tanner Houck:ミズーリ大学
◎速球 / ◯体格 コマンド / △チェンジアップ
投球フォームの類似性からマックス・シャーザー(ナショナルズ)と比較されている右腕。最速98マイルの速球は、素晴らしい変化を誇り、球速表示以上の球威を生み出している。一方で変化球の精度に難アリ。スライダーはやや変化がぬるく、チェンジアップの扱いもまだまだ。シャーザー同様にやや不格好な投球フォームをしているが、安定してストライクに投げ込むことができる。
将来像:サム・ダイソン(レンジャース)

23.ロサンゼルス・ドジャース
ババ・トンプソン(OF)/Bubba Thompson:マクギル=トゥールン高校
◯ファイブツール スピード CF守備 /
アメリカンフットボールとの二刀流で、ファイブツールプレーヤーへの可能性を秘めた素材型。特に平均を大きく上回ると評されるスピード面を評価されており、守備走塁で大きくインパクトを生み出せるだろう。今春に向上を辿った打撃では平均以上のスイングスピードとパワーポテンシャルを示している。すでにヤンキースとドジャースが関心を寄せている。高校生ながらドラフト3日前に19歳の誕生日を迎える。
将来像:メルビン・アップトンJr(元ブルージェイズ他)

24.ボストン・レッドソックス
ケストン・ヒウラ(2B/OF)/Keston Hiura:カリフォルニア大学アーバイン校
◯コンタクト アプローチ / ✖2B守備 肩
コンパクトかつ滑らかなスイングを示し、大学では打率.442とズバ抜けた成績を叩き出している。パワーもメジャー平均レベル(一部スカウトは平均以上と評価)で、選球眼にも優れるため、今ドラフトでは有数の完成度の高さを誇る。しかし、二塁守備の拙さがネックとなっており、不確定なポジションがどう出るか。肘の状態に不安を抱えており、トミージョン手術を要するとも。
将来像:スピードと守備力を引いたホゼ・アルトゥーベ(アストロズ)

25.ワシントン・ナショナルズ
グリフィン・キャニング(RHP)/Griffin Canning:カリフォルニア大学ロサンゼルス校
◯4球種 コマンド / △体格
エースポテンシャルではないが、完成度の高さから早期でのMLB到達が見込める即戦力右腕。平均から平均以上の4球種をコマンドよく織り交ぜて、ここまで国内最多の140奪三振をマークしている。中でも速球と同じ腕の振りから繰り出されるチェンジアップが決め球。速球は90-94マイルだが、スピンレートに優れており、面白いように空振りが取れる。185cm/77㎏と投手としてはやや小柄。
将来像:ジェレミー・へリクソン(フィリーズ)

26.テキサス・レンジャース
ヘリオット・ラモス(OF)/Heliot Ramos:リーダーシップ・クリスチャン・アカデミー
◯パワー スピード 肩 / △両翼向き? コンタクト
平均以上のパワーとスピードを備えており、センターに残れる可能性も秘めたスケールの大きいプエルトリカン。懸念材料はボール球を追いかける癖があり、アプローチが荒い事と、センターよりも両翼向きと評価するスカウトが多いことだろう。マイナーでの鍛錬により、磨かれる必要がある。兄ヘンリーはレッドソックス傘下、もう1人の兄ヘクターはサッカーのプエルトリコ代表でフォワードを務めている。
将来像:マーセル・オズーナ(マーリンズ)

27.シカゴ・カブス
ハンズ・クロウズ(RHP)/Hans Crouse:ダナ・ヒルズ高校
◯速球 体格 メンタル / △変化球 リリーフ向き?
195cm/86㎏の大柄な体格からスピンの利いた速球を投げ下ろす。最速で96-97マイルを計測する速球は、今年3月の招待試合で平均球速94.4マイルをマーク。大柄な体格に反して、フォームのエクステンションが平凡で、また力みも強いため、フォームの改造が必須だろう。カーブは上手くかかった時は素晴らしい変化を見せるが、磨かれる必要がある。気迫あふれるメンタルと恵まれた球威からクローザーとして評価するスカウトも。
将来像:ジョナサン・パペルボン(元ナショナルズ他)

28.トロント・ブルージェイズ(補償ピック:エドウィン・エンカーナシオン)
セス・ロメロ(LHP)/Seth Romero:ヒューストン大学
◯速球 変化球 体格 / △コマンド / ✖メークアップ
190cm/108㎏のガッシリとした体格から平均以上の3球種を投げ込む。中でも最速97マイルの速球と切れ味抜群でブレーキの利いたスライダーのコンビネーションで打者を手玉に取っており、今季はK/9=15.7と高い奪三振率を残している。一方でBB/9=3.7・防御率3.51とコマンド面の不調が続いている。また、部内の規律を違反し謹慎処分にもなっており、性格面にも不安を抱えている。リリーフとしてなら即戦力とも。
将来像:カルロス・ロドン(ホワイトソックス)

29.テキサス・レンジャース(補償ピック:イアン・デズモンド)
ジーター・ダウンズ(SS)/Jeter Downs:モンシニョール・エドワードペース高校
◯SS守備 スピード 打撃 /
セント・アンドリューズ島の出身で、デレク・ジーター(元ヤンキース)にちなんで名づけられた。軽快な守備を披露しており、肩と守備範囲はいずれも遊撃に止まれる水準。さらに、打撃力も一般的な遊撃プロスペクトより優れており、バックスピンをかけて鋭い打球を飛ばすことができる。今春に大きく評価を上げており、1巡目指名候補。
将来像:エドゥアルド・ヌネス(ジャイアンツ)

30.シカゴ・カブス(補償ピック:デクスター・ファウラー)
ニック・アレン(SS)/Nick Allen:パーカー高校
◎SS守備 / ◯スピード コンタクト / ✖体格 パワー
素晴らしい守備能力を示し、遊撃手としての能力に疑いの余地はない。172cm/71㎏と小柄で、今のところパワーレスが目につくが、野球IQとメークアップの優秀さからホゼ・アルトゥーベ(アストロズ)との共通点が指摘されている。守備面は素晴らしいだけに、アルトゥーベのように打撃面を磨くことができれば華のあるスタープレーヤーへとなり得るはずだ。
将来像:ホゼ・アルトゥーベ(アストロズ)
 
31.タンパベイ・レイズ
ドリュー・ウォーターズ(OF)/Drew Waters:エトワ高校
◯ファイブツール CF守備 メークアップ /
スケールの大きいファイブツールプレーヤーになり得る逸材。ズバ抜けたスピードと肩を備えており、センターに残れるとの見立て。打撃ではやや空振りをするシーンが見られるものの、将来的にはパワーとアベレージを両立した打者になれるだろう。すでにライナー性の鋭い打球を量産できている。溢れんばかりの闘争心を有しており、メークアップ面の評価も高い。
将来像:デクスター・ファウラー(カージナルス)

32.シンシナティ・レッズ
ブレイン・エンロウ(RHP)/Blayne Enlow:セント・アマント高校
◯速球 変化球 コマンド 体格 /
縦横2種類のカーブは、今年の高校生の中ではNo.1とも評される絶品。素晴らしい軌道を描き、打者の手元で鋭く曲がる。速球も今春に入り、常時90マイル前半、最速で94マイルと力強さが増している。コマンドも平均以上の精度を見せており、193cm/81㎏の細身の体格と滑らかで力みの抜けた投球フォームも合わせてエースポテンシャルを秘めている。チェンジアップと体格面の向上が課題。
将来像:イバン・ノバ(パイレーツ)

33.オークランド・アスレチックス
アレックス・レング(RHP)/Alex Lange:ルジアナ州立大学
◯カーブ / △球速低下 コマンド リリーフ向き?
大学1年時に12勝0敗・防御率1.97と神がかり的な投球を見せたが、95-96マイルを連発していた速球が90-94マイルに低下するなどして評価は下降気味。速球の質が落ちたため、平均以上のカーブを投球の生命線としており、このカーブがコマンド出来ている時は支配的な投球ができるが、そうでないときは苦しい投球を強いられている。フォームの力みとコマンドの平凡さからリリーフ向きとも。
将来像:ジャスティン・グリム(カブス)

34.ミルウォーキー・ブルワーズ
ライアン・ビレイド(3B)/Ryan Vilade:スティルウォーター高校
◯パワー 肩 メークアップ / △スピード
U-18米国代表の3番打者として、パン・アメリカ世界大会の優勝に貢献。素晴らしいバットスピードから豪快なプルヒッティングを披露する。そのパワーはUnder Armour All-America Gameのホームラン競争で優勝するなどすでに証明済み。高校では遊撃も、プロレベルでは機敏さに欠けるため、三塁転向が濃厚。父ジェームズはレンジャース傘下でコーチをしていた人物で、メークアップ面の評価も高い。
将来像:ハビアー・バイエズ(カブス)

35.ミネソタ・ツインズ
タナー・バーンズ(RHP)/Tanner Burns:ディケーター高校
◯速球 カーブ / △体格
小柄なハードボーラーという点で本リスト6位のJ.B.バカウスカスと比較する声が多い。常時92-95マイル、最速97マイルの速球と80マイル前半に達するパワーカーブのコンビネーションで打者を捻じ伏せる。さらに、チェンジアップを扱う才覚も見せており、力みの抜けたフォームでコマンドも落ち着いている。小柄な体格から耐久性を不安視されているが、リラックスしたフォームからでも球威を生み出せる馬力は魅力。父マイクは元アストロズ傘下。
将来像:ソニー・グレイ(アスレチックス)

36.マイアミ・マーリンズ
エバン・ホワイト(1B/OF)Evan White:ケンタッキー大学
◎1B守備 / ◯スピード / △パワー
一塁手ながらズバ抜けた運動能力を有しており、中でもスク―ピングに長けた一塁守備は未来のゴールドグラブ候補と評される。打撃では一塁手としてはパワーが物足りないが、アプローチよくライナー性の打球を生み出すことができ、打率.368・ISO.260と打ちまくっている。スイングスピードの早さから本塁打もじきに増えてくるだろうとの見立て。プロで長打力を伸ばせるかが分かれ目。
将来像:ポール・ゴールドシュミット(ダイアモンドバックス)





MLB DRAFT TOP70 PROSPECTS 2017

MLB DRAFT TOP70 PROSPECTS 2017


2017年のドラフト候補生トップ70名をリストにしました。モック(指名予想)ではなく、純粋なプロスペクトの評価による順位づけとなっております。
※随時更新あり


1.ハンター・グリーン(RHP/SS)/Hunter Greene:ノートルダム高校
◎球速 / ◯運動能力 パワー メークアップ 学業 /
あるア・リーグスカウトが「投打のポテンシャルは大谷翔平(NPB・日ハム)以上」と評する二刀流プレーヤー。投手としては17歳にして最速102マイルを計測しており、力みの抜けたフォームから軽々と90マイル後半を叩き出す。コマンド&運動能力に加えて、メークアップ面も非常に高く買われており、可能性は無限大。高校生を対象とした試験で上位3%に入るスコアを叩き出すなど学業面も優秀。
将来像:大谷翔平(NPB・日ハム)

2.ブレンダン・マッケイ(LHP/1B)/Brendan McKay:ルイビル大学
◯コマンド 打撃 カーブ / ✖スピード
打者としてはエイドリアン・ゴンザレス(ドジャース)、投手としてはクリフ・リー(元フィリーズ)と比較される二刀流。打撃では確実性とパワーを兼ね備えており、滑らかなスイングから広角打法を披露している。投球では89-93マイルの速球をコマンドよく投げ込み、平均以上のカーブで仕留めるスタイル。チェンジアップの精度を磨いている段階だが、投手に専念することで改善できるだろうとの見立て。
将来像:エイドリアン・ゴンザレス(ドジャース)/ クリフ・リー(元フィリーズ)

3.ロイス・ルイス(SS/OF)/Royce Lewis :ジェイセラ・カトリック高校
◎スピード メークアップ / ◯運動能力 パワー アプローチ / 
20-80スケールで70評価のズバ抜けたスピードと非常に洗練されたメークアップを兼ね備える。現段階では打撃技術はまだ発展途上で長打を量産するタイプではないが、平均以上のバットスピードとパワーポテンシャルを秘めており、数年後にはトレイ・ターナー(ナショナルズ)のようにパワー面が開花するかもしれない。スイングが遠回りする癖を改善する必要がある。
将来像:トレイ・ターナー(ナショナルズ)

4.カイル・ライト(RHP)/Kyle Wright:バンダービルト大学
◯速球 変化球 スタミナ 体格 /
デビッド・プライス(レッドソックス)などここ10年で7名のドラフト1巡目投手を輩出しているバンダービルト大学の出身。最速97マイル、常時92-95マイルの速球を主体に平均以上のスライダー&パワーカーブで力強く押す本格派。このほかに、80マイル後半のスプリットも織り交ぜることができる。打者を圧倒できる球威の持ち主であり、細かいコマンドを磨くことができればエースポテンシャル。
将来像:カルロス・カラスコ(インディアンズ)

5.アダム・ヘイズリー(OF)/Adam Haseley:バージニア大
◯打撃 アプローチ 投球 / △両翼向き?
大学入学後は投手としての方が高く評価されていたが、今季は打者として打率.400・14本塁打・OPS1.186(5月20日現在)と一皮むけて評価が逆転。19三振/40四球と卓越したコンタクト技術とアプローチが光る。今年に入り本塁打が急増している点も含め、アンドリュー・ベニンテンディ(レッドソックス)と共通点が多い。スピードは平均以上も将来的には両翼向きとの見立て。
将来像:アンドリュー・ベニンテンディ(レッドソックス)

6.J.B.バカウスカス(RHP)/J.B. Bukauskas:ノースカロライナ州立大学
◯速球 スライダー / △体格
20-80スケールでいずれも70評価を受けるストレート&スライダーのコンビネーションで打者を圧倒できる球威が魅力。特にスライダーはストレートよりもコマンドに優れ、86^
-88マイルの範囲で鋭く曲がる。ストレートは常時92-94マイルで安定しているが、ここぞという場面では最速97マイルに達する。チェンジアップも向上中で、少なくとも平均レベルとの見立て。183cm/88㎏と投手としてはやや小柄。
将来像:ソニー・グレイ(アスレチックス)

7.マッケンジー・ゴア(LHP)/MacKenzie Gore:ホワイトビル高校
◯速球 変化球 コマンド / △投球フォーム
球威、変化球、コマンドの3点を取り揃えた希少な高校生左腕。187cm/81㎏と線は細いが、最速96マイルの速球に、いずれも平均以上のカーブ&スライダー&チェンジアップを織り交ぜることができる。足を大きく上げるフォームだが、恵まれた運動能力のおかげでバランスを保つことができており、高校生としては非常に安定したコマンドを示している。フォームのエクステンションにも富んでおり、球速表示以上に速球は力強い。
将来像:デビッド・プライス(レッドソックス)

8.シェーン・バズ(RHP)/Shane Baz:コンコルディア・ルターン高校
◯速球 変化球 5球種 運動能力 /
最速98マイルのストレート&80マイル後半のカッターを主体に三振の山を築く本格派。80マイル中盤のスライダー&縦カーブは安定感を高める必要があるものの、将来的には平均以上との見立てで、チェンジアップの精度もまずまず。また、抜群の運動能力のおかげでフォームの再現性も高い。体格とスケールではワンランク落ちるものの、器用さを加えたノア・シンダーガード(メッツ)になれる。
将来像:器用さを加えたノア・シンダーガード(メッツ)

9.ニック・プラット(1B)/Nick Pratto:ハンティントン・ビーチ高校
◯打撃 アプローチ 1B守備 投球 /
15年のU-18杯では決勝の日本戦に先発した経歴を持つ。まだ高校生で、これからの選手ではるが、打撃での構えやスイング、傑出した選球眼で辛抱強く見極めていく打撃スタイルからジョーイ・ボットー(レッズ)と比較されている。パワー面での成長も著しく、逆方向に400フィート超えの打球も打てるようになってきた。外野を守れるだけの守備力を備えているが、一塁に専念すればゴールドグラブも狙えるレベル。
将来像:ジョーイ・ボットー(レッズ)

10.ジョー・アデル(OF)/Jordan Adell:バラード高校
◎ファイブツール / △コンタクト
今ドラフトNo.1のファイブツールプレーヤー。木製バットで飛距離450フィート(137m)を記録したパワー、投手として97マイルを計測した肩、60ヤードを6.4秒で駆け抜けるスピードどれをとっても高校生の中では桁違い。不安視されていたコンタクト面も、スイングが改善されたおかげで劇的に改善されている。今季は94打席で24本塁打・OPS2.019・9三振・32四球と圧倒的な成績。
将来像:アダム・ジョーンズ(オリオールズ)

11.パビン・スミス(1B)/Pavin Smith:バージニア大学
◯打撃 アプローチ 1B守備 / ✖スピード
ルイビル大学やノースカロライナ州立大学など強豪がひしめくACCで打率.348・12本塁打・8三振/35四球(5月20日現在)と素晴らしい打撃成績を残している左の好打者。卓越したコンタクト技術と広角打法に加えて、平均以上のパワーポテンシャルも秘めている。走者としては平均以下だが、187cm/95㎏という大柄な体格に比して軽快に動くことができ、一塁守備は平均から平均以上との評価。
将来像:カイル・シュワ―バー(カブス)

12.アレックス・ファエド(RHP)/Alex Faedo:フロリダ大学
◯スライダー 体格 3球種 / △コンディション 球速低下
昨年は2年生ながらA.J.パク(現アスレチックス)を差し置いてエースの重責を背負った。13勝3敗・防御率3.18と素晴らしい投球を披露し、夏にはBAの大学プロスペクトランキングで1位にランクイン。しかし、昨年秋に両ひざの手術を行い、まだ昨夏の水準までは回復できていない。92-94マイルだった球速は88-92マイルに低下。それでも平均以上のスライダー、ソツなく扱えるチェンジアップ、195cm/102㎏の体格などスペックは先発投手として理想的。
将来像:マックス・シャーザー(ナショナルズ)

13.サム・カールソン(RHP)/Sam Carlson:バーンズビル高校
◯速球 チェンジアップ コマンド 体格 /
今年に入り、球威・安定感いずれもワンランク上昇し、評価もうなぎ上り中の右腕。高校生ながらチェンジアップの精度に自信を持っており、93-97マイルの速球とのコンビネーションで打者をきりきり舞いにさせている。スライダーはやや安定感に欠けるが、素晴らしいスピン量を誇る。リリースの見にくい投球フォームと平均以上の制球力を両立しており、1巡指名は堅いとの見立て。野手としても注目を集める。
将来像:ダニー・サラザー(インディアンズ)

14.オースティン・ベック(OF)/Austin Beck:ノース・デビッドソン高校
◯パワー スピード 肩 / △両翼向き? 素材型 / ✖アプローチ
17年ドラフト候補では、有数のファイブツール高校生。傑出したパワー&スピード&強肩を有しており、特に逆方向に軽々と叩き込むパワーは、長距離砲不足の今ドラフトでは非常に希少だ。守備ではセンターを守るのに十分なツールを有しているが、打球判断やルート取りにやや難があり、特訓が必要だろう。小さな田舎の出身で上のレベルへの対応力が不安視されているが、負けん気が強く、戦うための準備は整っている。
将来像:ドリュー・スタッブス(レンジャース)

15.ジェレン・ケンドール(OF)/Jeren Kendall:バンダービルト大学
◎スピード / ◯肩 CF守備 / △プルヒッター / ✖アプローチ コンタクト
20-80スケールで80評価のスピード、強肩かつ正確なスローイング、センターとして申し分ない守備能力、荒削りながら平均以上のバットスピードからファイブツールプレーヤーになり得る大器。しかし、下半身が扱えておらず割れができていないため、55試合/65三振とコンタクト&アプローチ面が脆い。高レベルの投手への対応に不安を抱えており、指名には勇気がいるだろう。父ジェレミーは元フィリーズ傘下。
将来像:ジャコビー・エルズベリー(ヤンキース)

16.D.L.ホール(LHP)/D.L. Hall:バルドスタ高校
◯速球 カーブ / △コマンド
最速96マイルの速球と大きく割れるカーブのコンビネーションが光る高校生左腕。速球、カーブいずれも20-80スケールで60相当の評価を得ている。第3球種のチェンジアップはストライクに決まった時は平均以上のボールとなっているが、まだ高校生ということもあり、未完成。コマンドにもばらつきがあるが、運動能力の高さから改善されるだろうとの見立て。荒っぽさは懸念材料だが、ポテンシャルの高さは大きな魅力。
将来像:スコット・カズミアー(ドジャース)

17.ブレイン・エンロウ(RHP)/Blayne Enlow:セント・アマント高校
◯速球 変化球 コマンド 体格 /
縦横2種類のカーブは、今年の高校生の中ではNo.1とも評される絶品。素晴らしい軌道を描き、打者の手元で鋭く曲がる。速球も今春に入り、常時90マイル前半、最速で94マイルと力強さが増している。コマンドも平均以上の精度を見せており、193cm/81㎏の細身の体格と滑らかで力みの抜けた投球フォームも合わせてエースポテンシャルを秘めている。チェンジアップと体格面の向上が課題。
将来像:イバン・ノバ(パイレーツ)

18.デビッド・ピーターソン(LHP)/David Peterson:オレゴン大学
◯体格 3球種 コマンド /
大きく沈むツーシーム、平均をやや上回るスライダー、平均以上のチェンジアップの3球種をバランス良く操る先発左腕。今季に入り球速、コマンドいずれも向上を遂げ、K/BBが2.03から9.33に上昇するなど支配力が向上している。198cm/108㎏と体格もガッシリしており、伸びしろは小さいが即戦力。常時91マイル、最速94マイルの球速は、エース候補としてはやや物足りないか。
将来像:ドリュー・ポメランツ(レッドソックス)

19.ジェーク・バーガー(3B)/Jake Burger:ミズーリ州立大学
◯パワー / △3B守備
今ドラフトでは希少なパワーヒッター。ぎこちないスイングから快音を響かせる姿はハンター・ペンス(ジャイアンツ)と比較されている。打率.341・32三振・41四球とコンタクト面も安定しており、適応力の高さもうかがえる。三塁の守備では正確かつ力強いスローイングとまずまずのフットワークを有しているが、一歩目の反応に難があり、三塁に残れるかが将来の価値を左右することになるだろう。
将来像:トッド・フレイザー(ホワイトソックス)

20.トレバー・ロジャース(LHP)/Trevor Rogers:カールスバッド高校
◯体格 速球 /
198cm/83㎏の伸びしろ溢れる体格から最速95マイルの速球を投げ込む素材型。高校生ながら19歳と年齢は食っているが、高いアップサイド評を得ている。球速は常時88-92マイルとそれほどではないが、安定したコマンドと長いリーチによって打ちにくさを生み出している。持ち球であるスライダーとチェンジアップはいずれも向上の余地を残している。比較的フォームの力みは少なく、先発投手としての素質は十分。
将来像:クリス・セール(レッドソックス)

21.ネイト・ピア―ソン(RHP)/Nate Pearson:セントラル・フロリダ大学
◎速球 / ◯体格 /
今年5月末のブルペンセッションでは101マイルを計測した剛腕。198cm/108㎏の大柄な体格からムーブメントの利いた威力抜群の速球を投げ込む。チェンジアップは打者の手元で鋭く落ち、制球にはばらつきがあるが、平均以上のボールになり得る。他には、やや変化は緩いがカーブ&スライダーも投げることができる。一部ではリリーフ向きとの見方が強いが、先発として脈アリと見る球団なら1巡目指名は十分あり得る。
将来像:カール・パバーノ(元ツインズ他)

22.ババ・トンプソン(OF)/Bubba Thompson:マクギル=トゥールン高校
◯ファイブツール スピード CF守備 /
アメリカンフットボールとの二刀流で、ファイブツールプレーヤーへの可能性を秘めた素材型。特に平均を大きく上回ると評されるスピード面を評価されており、守備走塁で大きくインパクトを生み出せるだろう。今春に向上を辿った打撃では平均以上のスイングスピードとパワーポテンシャルを示している。すでにヤンキースとドジャースが関心を寄せている。高校生ながらドラフト3日前に19歳の誕生日を迎える。
将来像:メルビン・アップトンJr(元ブルージェイズ他)

23.グリフィン・キャニング(RHP)/Griffin Canning:カリフォルニア大学ロサンゼルス校
◯4球種 コマンド / △体格
エースポテンシャルではないが、完成度の高さから早期でのMLB到達が見込める即戦力右腕。平均から平均以上の4球種をコマンドよく織り交ぜて、ここまで国内最多の140奪三振をマークしている。中でも速球と同じ腕の振りから繰り出されるチェンジアップが決め球。速球は90-94マイルだが、スピンレートに優れており、面白いように空振りが取れる。185cm/77㎏と投手としてはやや小柄。
将来像:ジェレミー・へリクソン(フィリーズ)

24.ニック・アレン(SS)/Nick Allen:パーカー高校
◎SS守備 / ◯スピード コンタクト / ✖体格 パワー
素晴らしい守備能力を示し、遊撃手としての能力に疑いの余地はない。172cm/71㎏と小柄で、今のところパワーレスが目につくが、野球IQとメークアップの優秀さからホゼ・アルトゥーベ(アストロズ)との共通点が指摘されている。守備面は素晴らしいだけに、アルトゥーベのように打撃面を磨くことができれば華のあるスタープレーヤーへとなり得るはずだ。
将来像:ホゼ・アルトゥーベ(アストロズ)

25.ジーター・ダウンズ(SS)/Jeter Downs:モンシニョール・エドワードペース高校
◯SS守備 スピード 打撃 /
セント・アンドリューズ島の出身で、デレク・ジーター(元ヤンキース)にちなんで名づけられた。軽快な守備を披露しており、肩と守備範囲はいずれも遊撃に止まれる水準。さらに、打撃力も一般的な遊撃プロスペクトより優れており、バックスピンをかけて鋭い打球を飛ばすことができる。今春に大きく評価を上げており、1巡目指名候補。
将来像:エドゥアルド・ヌネス(ジャイアンツ)

26.ケストン・ヒウラ(2B/OF)/Keston Hiura:カリフォルニア大学アーバイン校
◯コンタクト アプローチ / ✖2B守備 肩
コンパクトかつ滑らかなスイングを示し、大学では打率.442とズバ抜けた成績を叩き出している。パワーもメジャー平均レベル(一部スカウトは平均以上と評価)で、選球眼にも優れるため、今ドラフトでは有数の完成度の高さを誇る。しかし、二塁守備の拙さがネックとなっており、不確定なポジションがどう出るか。肘の状態に不安を抱えており、トミージョン手術を要するとも。
将来像:スピードと守備力を引いたホゼ・アルトゥーベ(アストロズ)

27.ヘリオット・ラモス(OF)/Heliot Ramos:リーダーシップ・クリスチャン・アカデミー
◯パワー スピード 肩 / △両翼向き? コンタクト
平均以上のパワーとスピードを備えており、センターに残れる可能性も秘めたスケールの大きいプエルトリカン。懸念材料はボール球を追いかける癖があり、アプローチが荒い事と、センターよりも両翼向きと評価するスカウトが多いことだろう。マイナーでの鍛錬により、磨かれる必要がある。兄ヘンリーはレッドソックス傘下、もう1人の兄ヘクターはサッカーのプエルトリコ代表でフォワードを務めている。
将来像:マーセル・オズーナ(マーリンズ)

28.マット・サウアー(RHP)/Matt Sauer:ライエッティ高校
◯速球 体格 スライダー / △コマンド チェンジアップ
今年に入り最速97マイルを計測するなど急成長。193cm/88㎏の恵まれた体格から常時91-94マイルの伸びのある速球と最速87マイルのスライダーのコンビネーション。コマンドに欠陥を抱えているが、ボールを隠す技術に長けており、急にリリースされるような投球フォームは高評価を得ている。コマンドとチェンジアップの向上が先発投手としての鍵となるが、セットアッパー以上のリリーバーになれる可能性も秘めている。
将来像:ダニエル・ハドソン(パイレーツ)

29.ライアン・ビレイド(3B)/Ryan Vilade:スティルウォーター高校
◯パワー 肩 メークアップ / △スピード
U-18米国代表の3番打者として、パン・アメリカ世界大会の優勝に貢献。素晴らしいバットスピードから豪快なプルヒッティングを披露する。そのパワーはUnder Armour All-America Gameのホームラン競争で優勝するなどすでに証明済み。高校では遊撃も、プロレベルでは機敏さに欠けるため、三塁転向が濃厚。父ジェームズはレンジャース傘下でコーチをしていた人物で、メークアップ面の評価も高い。
将来像:ハビアー・バイエズ(カブス)

30.タナー・ハウク(RHP)/Tanner Houck:ミズーリ大学
◎速球 / ◯体格 コマンド / △チェンジアップ
投球フォームの類似性からマックス・シャーザー(ナショナルズ)と比較されている右腕。最速98マイルの速球は、素晴らしい変化を誇り、球速表示以上の球威を生み出している。一方で変化球の精度に難アリ。スライダーはやや変化がぬるく、チェンジアップの扱いもまだまだ。シャーザー同様にやや不格好な投球フォームをしているが、安定してストライクに投げ込むことができる。
将来像:サム・ダイソン(レンジャース)

31.ハンズ・クロウズ(RHP)/Hans Crouse:ダナ・ヒルズ高校
◯速球 体格 メンタル / △変化球 リリーフ向き?
195cm/86㎏の大柄な体格からスピンの利いた速球を投げ下ろす。最速で96-97マイルを計測する速球は、今年3月の招待試合で平均球速94.4マイルをマーク。大柄な体格に反して、フォームのエクステンションが平凡で、また力みも強いため、フォームの改造が必須だろう。カーブは上手くかかった時は素晴らしい変化を見せるが、磨かれる必要がある。気迫あふれるメンタルと恵まれた球威からクローザーとして評価するスカウトも。
将来像:ジョナサン・パペルボン(元ナショナルズ他)

32.ドリュー・ウォーターズ(OF)/Drew Waters:エトワ高校
◯ファイブツール CF守備 メークアップ /
スケールの大きいファイブツールプレーヤーになり得る逸材。ズバ抜けたスピードと肩を備えており、センターに残れるとの見立て。打撃ではやや空振りをするシーンが見られるものの、将来的にはパワーとアベレージを両立した打者になれるだろう。すでにライナー性の鋭い打球を量産できている。溢れんばかりの闘争心を有しており、メークアップ面の評価も高い。
将来像:デクスター・ファウラー(カージナルス)

33.ヘイゲン・ダナー(C/RHP)/Hagen Danner:ハンティントン・ビーチ高校
◯速球 3球種 コマンド 捕手守備 / △プルヒッター / ✖スピード
11年のリトルリーグ・ワールドシリーズ時から注目を集めていた逸材。投手と捕手の二刀流として将来を有望視されている。投手としては94-59マイルに達する速球と安定したカーブ・チェンジアップを織り交ぜ、コマンドも優秀。捕手としては肩の強さだけでなく、柔らかいミット捌き、機敏なフットワークを備えている。打撃では引っ張り傾向の強いアプローチを改善していきたい。
将来像:ジョーダン・ジマーマン(タイガース)/ジオバニー・ソト(カブス)

34.マーク・ビエントス(SS/3B)/Mark Vientos:アメリカン・ヘリテイジ高校
◯パワー 肩 / △SS守備 / ✖スピード
193cm/86㎏と恵まれた体格を備えており、魅力的な打撃能力を示す逸材。素早く力強いスイングからパワーの評価は少なくとも平均以上とされ、パワーとアベレージを両立したバッターになり得るとの見立て。守備面では平均以下のスピードと平凡なグラブ捌き・フットワークを指摘されており、本職の遊撃からコンバートされるだろうと見られている。三塁やレフトに移ったとしてもバリューを生み出せる打撃力は魅力。
将来像:マニー・マチャド(オリオールズ)

35.ローガン・ワーモス(SS)/Logan Warmoth:ノース・カロライナ大学
◯コンタクト / △2B向き? ツール
目立ったツールはないが、攻守の完成度は今ドラフトNo.1。傑出はしないないが、遊撃に残れる守備力を有しており、コースに逆らわず広角に打ち分ける打撃力もレギュラー選手として及第点レベル。今春に長打力が開眼しており、パワーも二桁本塁打程度まで伸びるだろうとの見立て。平均レベルの守備範囲と肩の強さから二塁手向きとも。選手としてのプロフィールは15年ドラフト全体1位のダンズビー・スワンソン(ブレーブス)と合致。
将来像:ダンズビー・スワンソン(ブレーブス)

36.クラーク・シュミット(RHP)/Clarke Schmidt:サウス・カロライナ大学
◯速球 スライダー メークアップ / △TJ物件
大学通じて30ポンドの増量に成功すると、今春は9先発で防御率1.34とブレーク。しかし、今年4月にトミージョン手術を受けたため、ドラフトではスリップすることが濃厚だ。最速で96マイルに達する速球は常時90マイル前半を計測する。フォーシームに加え、大きく沈むツーシームを得意としており、80マイル半ばを計測するスライダーも平均以上。状況に応じてチェンジアップも時折織り交ぜる。
将来像:マット・ガーザ(ブルワーズ)

37.トリスタン・ベック(RHP)/Tristan Beck:スタンフォード大学
◯チェンジアップ 4球種 コマンド / △故障明け
腰の疲労骨折により今季はプレーがないが、平均以上の4球種をコマンドよく織り交ぜる実力の高さは折り紙付き。90-93マイルの速球は193cm/73㎏の細身の体格から向上の余地を残している。カーブ、チェンジアップ、スライダーはいずれも平均以上のボールになり得る可能性を秘めているが、中でもチェンジアップはすでに素晴らしい制度を誇っている。弟ブレンダンの推薦が内定しており、ドラフト順位によっては兄弟共演のため大学残留も。
将来像:上原浩治(カブス)

38.ブレンドン・リトル(LHP)/Brendon Little:フロリダ州立短期大学
◯速球 / △コマンド リリーフ向き?
大学1年時に4イニングしか投球機会に恵まれなかっため、短大に編入。すると、そこで頭角を現しブレーク。課題であったコマンドも克服し、昨夏のケープコッド・リーグでもK/9=11.86と結果を出した。常時90-93マイル、最速97マイルの速球を主体に投球を組み立て、縦に割れるカーブも決め球として使える。チェンジアップ・コマンドの向上が先発にとどまるための鍵。
将来像:フェリペ・リベロ(パイレーツ)

39.タナー・バーンズ(RHP)/Tanner Burns:ディケーター高校
◯速球 カーブ / △体格
小柄なハードボーラーという点で本リスト6位のJ.B.バカウスカスと比較する声が多い。常時92-95マイル、最速97マイルの速球と80マイル前半に達するパワーカーブのコンビネーションで打者を捻じ伏せる。さらに、チェンジアップを扱う才覚も見せており、力みの抜けたフォームでコマンドも落ち着いている。小柄な体格から耐久性を不安視されているが、リラックスしたフォームからでも球威を生み出せる馬力は魅力。父マイクは元アストロズ傘下。
将来像:ソニー・グレイ(アスレチックス)

40.トリストン・ルッツ(OF)/Tristen Lutz:マーティン高校
◎パワー /◯スピード 肩 / △両翼向き
強肩強打が魅力のパワーバット。190cm/95㎏の高校生離れした体格にメジャーで25ホーマー以上が期待できるパワーを備えている。現段階ではヒットツールよりもパワーツールが先行してるが、コンタクトやアプローチも落ち着いており大崩れするタイプではない。守備では平均以上のスピードと肩を有しており、平均以上のライトになれるとの見立て。メークアップや試合に対する感覚にも優れる。
将来像:ネルソン・クルーズ(マリナーズ)

41.エバン・ホワイト(1B/OF)Evan White:ケンタッキー大学
◎1B守備 / ◯スピード / △パワー
一塁手ながらズバ抜けた運動能力を有しており、中でもスク―ピングに長けた一塁守備は未来のゴールドグラブ候補と評される。打撃では一塁手としてはパワーが物足りないが、アプローチよくライナー性の打球を生み出すことができ、打率.368・ISO.260と打ちまくっている。スイングスピードの早さから本塁打もじきに増えてくるだろうとの見立て。プロで長打力を伸ばせるかが分かれ目。
将来像:ポール・ゴールドシュミット(ダイアモンドバックス)

42.セス・ロメロ(LHP)/Seth Romero:ヒューストン大学
◯速球 変化球 体格 / △コマンド / ✖メークアップ
190cm/108㎏のガッシリとした体格から平均以上の3球種を投げ込む。中でも最速97マイルの速球と切れ味抜群でブレーキの利いたスライダーのコンビネーションで打者を手玉に取っており、今季はK/9=15.7と高い奪三振率を残している。一方でBB/9=3.7・防御率3.51とコマンド面の不調が続いている。また、部内の規律を違反し謹慎処分にもなっており、性格面にも不安を抱えている。リリーフとしてなら即戦力とも。
将来像:カルロス・ロドン(ホワイトソックス)

43.アレックス・レング(RHP)/Alex Lange:ルジアナ州立大学
◯カーブ / △球速低下 コマンド リリーフ向き?
大学1年時に12勝0敗・防御率1.97と神がかり的な投球を見せたが、95-96マイルを連発していた速球が90-94マイルに低下するなどして評価は下降気味。速球の質が落ちたため、平均以上のカーブを投球の生命線としており、このカーブがコマンド出来ている時は支配的な投球ができるが、そうでないときは苦しい投球を強いられている。フォームの力みとコマンドの平凡さからリリーフ向きとも。
将来像:ジャスティン・グリム(カブス)

44.コール・ブラネン(OF)/Cole Brannen:ザ・ウエストフィールド高校
◯スピード CF守備 / △選球眼
ファイブツールプレーヤーになり得る可能性を秘めた逸材。20-80スケールで70相当のスピードは走塁だけでなく、センターの守備でも素晴らしい恩恵を生み出している。打球判断やルート取りにも優れており、センターとして申し分ない水準。打撃では選球眼や高レベルの投手への対応に不安を残しているが、素早いスイングで高弾道の打球を生み出すことができる。将来像は「打率.270・15本塁打・30盗塁」と言われている。
将来像:ブレット・ガードナー(ヤンキース)

45.ジェームズ・マリナン(RHP)/James Marinan:パーク・ビスタ・コミュニティ高校
◯速球 体格 /△チェンジアップ
投げっぷりがよく、度胸満点に最速96マイルの速球を投げこんでくる。ストライクゾーンの低めに威力ある速球を集めることができ、将来的には、コマンド面も平均まで伸びるだろうと見られている。カーブは速球とのコンビネーションで空振りを奪うことができる。チェンジアップも時折織り交ぜるが、まだ有効には扱えていない。体格のよさ、運動能力の高さから伸びしろを大きく残しており、ハイポテンシャル。
将来像:イアン・ケネディ(ロイヤルズ)

46.ブレイディ・マクコネル(SS)/Brady McConnell:メリット・アイランド高校
◯スピード 肩 SS守備 / △コンディション
本来であれば攻守揃った遊撃手であり、昨年6月の段階では、「来年のトップ10ピック選手だ」と絶賛されていたが、昨夏・今春の低パフォーマンスにより大きく評価を落としている。遊撃の守備では平均以上のスピード、肩の強さ、ボディコントロール、守備範囲を示しており、長くポジションにとどまることができるだろう。評価を取り戻すため、大学進学が濃厚との見方も。
将来像:アディソン・ラッセル(カブス)

47.スチュアート・フェアチャイルド(OF)/Stuart Fairchild:ウェイクフォレスト大学
◯スピード パワー CF守備 / △コンタクト
大学生ながら伸びしろを残したファイブツール外野手。コンタクトに不安を抱えているが、パワーとスピードを武器に、今季17本塁打・20盗塁をマーク。メジャーでも「20本塁打・20盗塁」をクリアできるポテンシャルを秘めている。不確実な打撃に対して、守備面はハイフロアで、センターとして申し分ない水準。打撃が上手く伸びなくても一発のある4番手外野手として計算できるだろう。
将来像:ドリュー・スタッブス(レンジャース)

48.ブライアン・ミラー(OF)/Brian Miller:ノース・カロライナ大学
◯スピード アプローチ / △パワー 肩
出塁能力とスピードに優れ、また広角に打ち分けるラインドライブヒッターであることから1,2番向きの選手として評価されている。長打力が限られているのがネックだが、下半身を効果的に使えるようになったことで、今季は7本塁打とややパワーが向上。大学1年時はDH、2年時はライトとして出場していたが、今季よりセンターに転向。持ち前のスピードと運動能力の高さからプロでもセンターとしてプレー可能との評価を得ている。
将来像:ジョン・ジェイ(カブス)

49.MJ メランデス(C)/MJ Melendez:ウェストミンスター・クリスチャン高校
◯捕手守備 肩 / △アプローチ コンタクト
攻守揃った捕手としては今ドラフトNo.1だろう。素晴らしい運動能力と肩の強さを有しており、捕球と送球の精度はいずれも非常に高い。プレート後方で機敏に動き、キャリアを通して捕手として計算できる。打撃ではレッグキックを取り入れた強烈なスイングで、豪快なプルヒッティングを披露している。アプローチを磨いて空振りを減らすことが求められる。
将来像:ウェリントン・カスティーヨ(オリオールズ)

50.ギャレット・ミッチェル(OF)/Garrett Mitchell:オレンジ・ルーテル高校
◎スピード / ◯CF守備 
20-80スケールで70-80レベルのスピードを武器に、攻守でインパクトを生み出せる。守備ではルート取り、肩の強さいずれも備えており、センターとして申し分ない。打撃では素晴らしいスイングスピードから高いポテンシャルを秘めているが、アプローチが荒いため、実践でパワーを発揮できておらず、ヒットツールの向上が求められる。ギャンブル要素は大きいが、ファイブツールプレーヤーになり得る。
将来像:ココ・クリスプ(アスレチックス)

51.ブレイン・ナイト(RHP)Blaine Knight:アーカンソー大学
◯速球 コマンド 球種 体格 /
常時90-94マイル、最速97マイルの速球と80マイル中盤のスラッターを、今季BB/9=1.99のコマンドでテンポよく投げ込む。また、カーブ・チェンジアップも有効に扱うことができ、緩急を使った投球もできる。細身の体格と20歳たる年齢から伸びしろは大きめ。フォームの力みも少なく、先発投手向き。
将来像:ジェフ・サマージャ(ジャイアンツ)

52.キャデン・レモンズ(RHP)/Caden Lemons:べスタビア・ヒルズ高校
◯体格 速球 / △コマンド
最速91マイル止まりだった球速は、今春97マイルにまで上昇。198cmの長身かつ低めのリリースポイントから放たれる速球は角度・落差に富んでおり、非常に打ちづらい。しかし、リリースポイントの維持に苦しんでおり、変化球・コマンドの精度がなかなか安定しない。それでもスライダーとチェンジアップはポテンシャルを秘めており、3球種扱えるスケールの大きな投手へ変貌する可能性を秘めている。
将来像:マット・レイトス(ブルージェイズ)

53.ブレント・ルーカー(1B/OF)/Brent Rooker :ミシシッピ州立大学
◯パワー アプローチ /
今季大学で打率.395・23本塁打・OPS1.325とモンスターイヤーを送っている怪物。フリースインガー傾向を改善し、辛抱強いアプローチを習得したことがブレークにつながり、三振率を減らしながらも、四球を大幅に増やしてみせた(16⇒45)。今季18盗塁と大柄な体格に比してスピードはあるが、守備は一塁もしくはレフトに限定される。ポジションのと22たる年齢がドラフトではネックか。
将来像:マーク・トランボ(オリオールズ)

54.ジェーコブ・ヒーズリー(LHP/Jacob Heatherly:カルマン高校
◯速球 コマンド /
ガッシリとした体格と滑らかな投球フォームから高校生ながらリスクは低め。88-92マイルの速球は最速95マイルに達し、コマンドよく両コーナーを突くことができる。速球の他には、70マイル前半の鋭いカーブと70マイル後半の小さいスライダーを好んでおり、いずれも平均から平均以上の球種になり得る。チェンジアップはほとんど扱わない。19歳と高校生ながら年齢は高め。
将来像:ホゼ・キンタナ(ホワイトソックス)

55.コナー・ウセルトン(OF)/Conner Uselton:サウスムーア高校
◎肩 / ◯パワー スピード CF守備 体格 / △両翼向き?
アメリカンフットボールでも有望視されていた身体能力抜群の高校生。傑出したバットスピードから素晴らしいパワーポテンシャルを示す。アプローチが荒く、空振りは多いが、広角にフィールドを扱えるなど打撃センスは悪くない。素晴らしい鉄砲肩の持ち主だが、大柄な体格なため、将来体が成熟してくれば両翼に回ることになるだろう。
将来像:トレイス・トンプソン(ドジャース)

56.クリス・セイズ(SS)/Chris Seise:ウェスト・オレンジ高校
◯スピード 肩 / △パワー
平均以上のスピードと肩、華麗なグラブ捌き、打球反応のよさから平均程度の遊撃手として、長くポジションに止まれると見られている。一方で打撃の評価はスカウト間で分かれており、プロレベルでの打撃成績が将来を決めることになるだろう。スイングが大振り気味で、実践の中で長打力を発揮できていない。この辺はマイナーで経験とトレーニングを積んで改善していくしかないだろう。
将来像:エルビス・アンドルース(レンジャース)

57.クエンティン・ホームズ(OF)/Quentin Holmes:モンサイナー・マクランシー・メモリアル高校
◎スピード / ◯CF守備 / △パワー
攻守に荒削りだが、ベストツールであるスピードは20-80スケールで80評価を得る。ヒットツールはまずまずで、時折あっと驚くようなパンチ力を披露する。体格を成熟させ、パワー面に安定感が出てくればダイナミックなリードオフマンになり得る。センターの守備は発展途上だが、ルート取りや打球判断は向上を辿っている。
将来像:キャメロン・メイビン(パドレス)

58.ジェーコブ・ピア―ソン(OF)/Jacob Pearson:ウェストモンロー高校
◯アプローチ スピード / ✖肩
アプローチに長けた高度な打撃技術と平均以上のスピードから「20本塁打・20盗塁」相当のポテンシャルを秘める。すでに打球に角度をつける技術を身につけており、一般的な高校生野手よりも一歩リードしている。高校2年の時に肩の手術を受けているため弱肩で、センターに残るためには守備力向上が求められる。
将来像:チャーリー・ブラックモン(ロッキーズ)

59.スティーブン・ジェニングス(RHP)/Steven Jennings:デカルブ・カントリー高校
◯速球 運動能力
アメリカンフットボールとの二刀流で鳴らしていたが、昨秋にACLを断裂しシーズン終了。今春は復帰を果たすばかりではなく、野球のドラフト候補として一躍評価がうなぎ昇りだ。最速95マイルの速球と85マイルのスライダーは、運動能力の高さから伸びしろを秘めている。滑らかでシンプルな投球フォームから制球もまとまってくるだろうとの見立て。
将来像:ジェフ・サマージャ(ジャイアンツ)

60.アレックス・シェリフ(RHP)/Alex Scherff:コリービル・ヘリテイジ高校
◯速球 チェンジアップ / △変化球
80マイル後半だった速球は常時93-95マイル、最速98マイルにまで成長。この速球と高校生No.1とも評されるチェンジアップのコンビネーションで打者を翻弄している。しかし、スライダー・カーブの精度が甘く、改善に取り組んでいる。コマンドは向上を辿っているが、安定してストライクを投げる程度の制球力を身に付けられるかが先発投手としての背鍵となるだろう。
将来像:ジェームズ・シールズ(ホワイトソックス)

61.ウィル・クロウ(RHP)/Wil Crowe:サウス・カロライナ大学
◯体格 速球 / △TJ手術明け
187cm/113㎏の大柄な体格はジョー・ブラントン(ナショナルズ)と比較される。最速97マイルのシンカーはズッシリとした重みがあり、カーブ・スライダーもパワフル。チェンジアップもまずまずだが、もう少し安定感が欲しいところ。今季はトミージョン手術から復帰したが、球威の維持に苦しんでおり、防御率3.41・K/BB=2.90とやや物足りない内容。
将来像:ジョー・ブラントン(ナショナルズ)

62.ドリュー・エリス(1B/3B)/Drew Ellis:ルイビル大学
◯打撃 パワー / △スピード 守備
大柄な体格にギッシリとパワーがつまっており、素早くコンタクトなスイングでも18本塁打・ISO.341と長打を生み出せる。37三振・37四球とアプローチも落ち着いており、パワーとアベレージを両立した打者になり得る。本職は一塁だが、リスト2位のマッケイがいるため、今春は三塁での出番が増えている。三塁手としては機敏さと守備範囲に欠ける。
将来像:ダニー・バレンシア(マリナーズ)

63. ギャビン・シーツ(1B)/Gavin Sheets:ウェイク・フォレスト大学
◯パワー 肩 アプローチ / △ヒットツール / ✖スピード
ズバ抜けたパワーを武器としており、今季20本塁打と素晴らしいパフォーマンスを披露している。一方でスイングスピードの遅さからプロレベルの速球への対応が不安視されている。それでも今季は33三振・44四球とアプローチ面で向上を辿り、スカウトからの評価は上昇傾向にある。守備ではスピードに欠けるものの、強肩を武器に一塁手として及第点レベル。
将来像:ギャレット・ジョーンズ(読売ジャイアンツ)

64.ルイス・カンプサーノ(C)/Luis Campusano:クロス・クリーク高校
◯パワー 肩 /△捕手守備 / ✖スピード
打撃先行型の高校生捕手。スタンスを変えたことでよりパワーを発揮できるようになり、パワーの評価は20-80スケールで少なくとも60以上とされる。一方の守備では、平均から平均以上の肩の強さを有しているが、柔らかいミット捌きやレシービング技術が欠如しており、捕手としての守備力を高めていくことが求められる。それでも、レシービングやブロッキングは日々向上しているとの報告も。
将来像:J.P.アレンシービア(元ホワイトソックス他)

65.ライリー・アダムス(C)/Riley Adams:サンディエゴ大学
◯パワー / △捕手守備 コンタクト
大学生捕手としては今ドラフトNo.1の評価。クリス・ブライアント(カブス)風の打撃フォームから広角に鋭い打球を弾き返し、配球の読みも上手い。一方で54試合で57三振と三振の多さという弱点までブライアント似。また、捕手守備も平均から平均以下と言われており、一部スカウトは将来的には一塁に移るのではと心配している。
将来像:ニック・ハンドリー(ジャイアンツ)

66.ジェーク・エダー(LHP)/Jake Eder:マトロック・アカデミー高校
◯速球 体格 / ✖コマンド
最速95マイル投げられて体格的伸びしろがある左腕というだけでも希少。現段階ではノーコンだが、滑らかで力みの抜けたフォームからある程度改善されるだろうとの見立て。第2球種のカーブはばらつきが大きく、調子がいい日は70マイル後半で素晴らしいスピンを誇るが、悪い日はストライク周辺にすら集まらない。名門バンダービルト大学への推薦が決まっており、指名は困難か。
将来像:ブレーク・スネル(レイズ)

67.マイケル・メルカド(RHP)/Michael Mercado:ウェストビュー高校
◯コマンド 体格 球種 /
伸びしろ溢れる体格と4球種をコマンドよく集める投球技術の高さを両立した高校生投手。最速94マイルの速球と平均以上のカーブを主体としながら、80マイル後半のツーシームやカッターでゴロを打たすこともできる。スタンフォード大学への推薦が決まっており、契約にこぎつけるのは困難か。
将来像:ダグ・フィスター(エンゼルス)

68.ケビン・マレル(SS)/Kevin Merrell:サウス・フロリダ大学
◎スピード / △SS守備 / ✖パワー
20-80スケールで75評価のスピードを武器に、果敢に盗塁を決めるスピードスター。打撃では出塁に徹したコンタクトヒッターながら、今季は7本塁打とパンチ力が向上している。守備では二塁が本職も、今季より遊撃に転向。しかし、多くのスカウトはセンター向きと評価しており、ポジションの不透明さがネック。
将来像:ビリー・ハミルトン(レッズ)

69.トレバー・ステファン(RHP)/Trevor Stephan:アーカンソー大学
◯速球 コマンド / △リリーフ向き? チェンジアップ
球威とコマンドのパッケージ。常時90-95マイル、最速97マイルの速球はクロスファイヤーの見にくい投球フォームと合わせて打者にとっては非常に厄介。K/BB=6.00とコマンドにも優れており、両コーナーに速球を投げ分けることができる。速球とスラッターを主体としたゴリ押しの投球スタイルをとっており、チェンジアップの精度の欠けるため、リリーフ向きとの見方も。
将来像:ネイト・ジョーンズ(ホワイトソックス)

70.ジェーク・マンガム(OF)/Jake Mangum:ミシシッピ州立大学
◯スピード 肩 CF守備 / ✖パワー 選球眼
祖父、父、おじ全てがNFLでプレーしているアメフト一家。本人は野球の道を選んだが、平均以上のスピードを生かしたコンタクトヒッターとして活躍している。大学通算125試合で1本塁打と長打力は皆無だが、打率.362・20盗塁をマーク。守備でも生まれ持った身体能力を生かし、センターとして素晴らしい素質を持っている。
将来像:エンダー・インシアーテ(ブレーブス)